Alienware
Alienware

Alienwareは3月18日(現地時間)、ゲーミングノートPCのカスタムオプションとして、Cherry MXのメカニカルキースイッチに対応しました。Alienware M15 R4、M17 R4から対応し、日本でも1万7000円でアップグレード可能になっています。

AlienwareとCherryは、3年以上前から協力し、ラップトップ向けのメカニカルキースイッチを開発していたとのこと。Cherry MXには高さ11.9mmのLow Profileスイッチもありますが、これでもラップトップに搭載するには大きすぎます。そこで、両社は160以上のプロトタイプを作成し、その中から、ステンレス鋼を使用した高さ3.5mmのUltra Low Profileスイッチを開発しました。

Cherry MX Ultra Low Profile
Alienware

デロリアンのガルウィングに触発されたというその構造で、1.8mmのキーストロークを実現。軽い作動力と明確なクリック音を提供するだけでなく、複数キー同時押し時の誤動作を防ぐアンチゴーストと複数キー同時押しに対応するNキーロールオーバーにも対応するとのことです。もちろん、ゲーミングらしくRGB発光にも対応します。

Cherry MX Ultra Low Profile
Alienware

1万7000円の追加費用がかかるとはいえ、より確実な操作性を求めるゲーマーにとっては、許容範囲でしょうか。今後、他のモデルにも展開されるのか、他メーカーへの提供はあるのかが気になるところですが、それはAlienware M15 R4、M17 R4の売れ行き次第なのかもしれません。

Source: Alienware