公道走行可能なファットバイク型電動自転車+原付き「ALISTA HYBRID」

3種ラインアップ

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年07月6日, 午前 11:00 in ALISTA
0シェア
FacebookTwitter
GREEN FUNDING

ファットバイク型自転車はシンプルな構造と太いファットタイヤが大きな特徴で、山道など悪路でもしっかりと衝撃を吸収して走れるような設計になっています。今回、このファットバイク型自転車に電動アシスト機能を搭載することで、オフロードも街乗りにも便利な自転車が誕生しました。それが今回紹介する「ALISTA」です。現在GREEN FUNDINGで支援を募集しており、最大40%の割引価格で購入可能(「LITE」モデルの場合23万円が13万9000円に割引)です。

GREEN FUNDING

GREEN FUNDING

「ALISTA」は「街乗りとオフロードを両立した電動自転車」です。もともと高い走破性能を持つファットバイク型自転車に電動アシスト機能を搭載することで、より楽に、より快適に走行することが可能になりました。昨今はその安定性を生かしてファットバイクを街乗りや通勤に用いる人も増えてますが、そうした日常のシーンでも重宝します。

GREEN FUNDING

ラインアップは全3種。まずはエントリーモデルの「ALISTA LITE」です。

GREEN FUNDING

直径20インチのファットタイヤは悪路でもしっかりとグリップ。砂利道や不整地、雪の上でも安定して走れます。また、電動アシスト機能は大容量バッテリーを備えており、最大80kmまでアシスト走行可能。小さくコンパクトなサイズで女性にもお勧めです。

GREEN FUNDING

スタンダードモデルの「ALISTA」は、路面からの衝撃を吸収するフルサスペンションを搭載。より柔らかく滑らかな乗り心地が特徴です。また、ホイールには路面からの衝撃に強いキャストホイールを採用しており、「LITE」よりもオフロードでの走行に適したモデルだといえます。

GREEN FUNDING

ハイエンドモデルの「ALISTA HYBRID」は、高トルクの48V500Wモーターを搭載した「自転車+原付」のハイブリッドモデル。いわゆるモペットタイプ(ハイブリットバイク)で、スロットルを回すことで最高時速40kmで走行可能です。※「ALISTA HYBRID」は要免許。購入後にナンバープレート交付が必要

GREEN FUNDING
GREEN FUNDING

他に各タイプ共通の機能として、優れたシフト性能をもつシマノ変速機を搭載していることや、ハンドル部分のディスプレイ(バックライト搭載液晶ディスプレイとフルカラー液晶ディスプレイがら選択)が挙げられます、また、ワンタッチのスマホホルダーとUSB充電ポートなど便利な機能も満載です。

GREEN FUNDING

一台あればアウトドアでも街乗りでも活躍すること間違いなしの「ALISTA」。「初めてファットバイクの乗る」という人にもお勧めです。

GREEN FUNDINGでは現在早期割として、最大%オフで購入可能。「LITE」は23万円が13万9000円、「ALISTA」は28万円が16万9000円、「HYBRID」は31万5000円が18万9000円とかなりお得です。支援募集期間は2020年8月15日23時59分まで。ぜひチェックしてみてください。

GREEN FUNDING

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ALISTA, GREEN FUNDING, greengadget, ファットバイク, モペット, news, gear
0シェア
FacebookTwitter