AirPods Pro 2
MacRumors

今月19日に第3世代AirPodsが発表されたばかりですが、その直後に第2世代AirPods Proとされる画像が公開されています。これまで本製品はステム(持ち手部分の軸)がなくなり小型になるとの予想が有力でしたが、それとは食い違うデザインとなっています。

今回の画像は、米MacRumorsが「アップル内部の情報源」から入手したと称する人物から提供されたもの。その"Xerxes"なる提供者は未発表製品に関する実績がなく、信ぴょう性を検証することはできないとの但し書きも付けられています。

さて画像にあるAirPods Pro(第2世代)は、ほぼ現行モデルと同じデザインですが、両イヤホンの下側にあったデュアル光学センサーがなくなっているのが特徴です。本センサーは着脱検知をしていましたが、これは第3世代AirPodsでは肌検出センサーに移行しているため(光学センサーでは触れている物体が何かを判別できず、ポケットなどが誤検出される場合があった)第2世代Proでもその点を踏襲しているのかもしれません。

また充電ケースには、イヤホン本体よりも分かりやすい変更点があります。まず底面にはスピーカーホールがあり、これは情報提供者によると「iOS 16では“探す”アプリでケースとイヤホンを別々に探せる新機能を追加するため」とのことです。つまりケース本体から音を発して、位置を特定できるというわけです。

AirPods Pro 2
MacRumors

さらにケース側面には金属製のループがあり、これはストラップを取り付けるためとも推測されます。これまでのAirPodシリーズ用ケースには採用された前例がありませんが、追加する可能性がないとも言えないと思われます。

そして「ステムがなくなる」との説に対しては、情報源は間違っていると主張しているそうです。MacRumorsは自らが噂のサイトに過ぎず、正確かどうかは確認できないと繰り返しており、本物であるかどうかは疑わしいとしています。

第2世代AirPods Proについては、大手メディアBloombergがステムレスのほか、フィットネス追跡用のモーションセンサーが搭載されるとの予想を報じていました。それ以外の新機能やデザインの変更については、情報が乏しい感があります。

振り返れば第2世代AirPodsも初代モデルからデザインの変更はなく、新規設計のH1チップ採用で音声によるSiri呼び出しに対応や、ケースにワイヤレス充電機能を追加するなど内部の改良に重点を置いていました。次期AirPods Proも新機能がなくマイナーチェンジに留まる可能性もありますが、続報を待ちたいところです。

Source:MacRumors