coffee machines

仕事環境を自分で構築できることは、テレワークの利点の一つ。自宅の仕事環境を改善する目的で新たな設備の導入を検討するにあたり押さえておきたいポイントはいくつかありますが、ひとつは生活の質、いわゆるQOLが向上するかどうかです。

自費で家電などの設備を購入するのであれば、仕事中だけでなく、普段遣いできるような設備を導入するのが望ましいでしょう。それは例えば空気清浄機やエアコンなど室内環境を整えるものや、昇降式デスクやオフィスチェアなど長時間滞在する場所の快適度を上げるものなどが挙げられます。もし仕事中にコーヒーを飲む習慣があれば、コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を導入するのもおすすめです。

仕事中にコーヒーを淹れることを優先するならば、手軽さという点でミル内蔵の全自動コーヒーマシンが選択肢に入ります。豆さえ用意すればボタンひとつですぐに飲める点が魅力的な一方で、設置場所を確保する手間やマシンそのものの価格など、初期コストについては考慮する必要があるでしょう。ここでは全自動コーヒーマシンを中心に紹介しますが、ある程度設置場所や時間にゆとりがあるならば、より安価で設置面積の小さなモデルを選ぶ余地も出てきます。

家電を選ぶ際には基本性能もさることながら、メンテナンス性もチェックしたいポイントのひとつ。全自動コーヒーメーカーの場合は、頻繁に出し入れする給水タンクやトレーだけでなく、定期的に内蔵の抽出ユニットなども取り出して洗う必要があります。また中長期的には石灰除去や内部清掃などの作業も必要になるなど、長く使う上ではそれなりに手間もかかります。できるだけ購入前にメーカーが公開している取扱説明書やユーザー動画などで構造やパーツを確認するようにしましょう。

デロンギ「マグニフィカS ECAM23120」

デロンギ「マグニフィカS ECAM23120」

ダイヤルによる濃度設定や内蔵ミルの粗さ調節機能、ミルクフロッサーなどを備えた全自動コーヒーマシン。日本仕様では複数回の抽出と蒸らし工程を行うことで香り高く仕上げる「カフェ・ジャポーネ」が選択可能なほか、抽出量を4段階で選べます。ポンプ圧は15(抽出時9)。タンクは1.8Lと大容量ですが、マシン自体のサイズもそれ相応に大型なので、設置場所には余裕をもたせたいところ。価格は5万8000円。

デロンギ「マグニフィカS ECAM23120」

ガジア「BESANA HD8651」

ガジア「BESANA HD8651」

業務用コーヒーマシンを中心に展開するガジアブランドの一般家庭向けエントリーモデル。抽出量を2段階から選べるほかミルクフロッサーやミルの粗さ調整機構も装備。同クラスの他社製品と同様に、一定時間の経過で抽出口を自動洗浄する機能や石灰除去タイミングの通知機能を搭載しています。ポンプ圧は15。タンク容量は1L。価格は5万6000円。

ガジア「BESANA HD8651」

ボンマック「BME-100 DARMAR」

ボンマック「BME-100 DARMAR」

抽出口にフィルターを取り付けて淹れるタイプのエスプレッソメーカー。ミルは非搭載なのでコーヒーの濃さは豆の挽き具合や粉の密度、量で調整します。粉を詰めて繰り返し使える専用フィルターのほか、コーヒー粉を圧縮パックした使い切りの「カフェポッド」対応フィルターが付属。ポンプ圧は15(抽出時9)。タンク容量は0.8L。本体上部にカップウォーマーを搭載します。価格は1万1700円。

ボンマック「BME-100 DARMAR」

シロカ「SC-A351」

シロカ「SC-A351」

コンパクトさが売りの全自動コーヒーマシン。指定した時間になると抽出動作を行うタイマー機能を備えており、起床や帰宅の時間に合わせて淹れたてのコーヒーが飲めると謳っています。付属サーバーはモデルによりガラス製もしくはステンレス製。30分までのサーバー保温に対応。スペック表にポンプ圧の記載なし。タンク容量は0.55L。価格は1万6280円。

シロカ「SC-A351」

ビアレッティ「MOKA EXPRESS」

ビアレッティ「MOKA EXPRESS」

本体とフィルター、漏斗からなる直火式のエスプレッソメーカー。コーヒーマシンとは違いますが、比較的安価に手に入り、メンテナンス性がよく、収納場所も小さく済むためここで挙げています。

自分で好みの味を追求したい場合や、ひいきの挽き売り店や銘柄、自宅にコーヒーミルがある場合は選択肢に入ってくるのではないでしょうか。1カップ用から12カップ用まで様々なサイズを用意。6カップ用の価格は3555円で初期費用が小さく済むのも魅力の一つです。ガス台を使って加熱する場合はサイズによって五徳に乗らない場合があるので、別売りのサポートリングか、もしくは焼き網などを利用しましょう。

ビアレッティ「MOKA EXPRESS」

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。本記事のリンクからなにかを購入すると、編集部にアフェリエイト報酬が入ることがあります。セール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。