Amazon

アマゾンが未明に開催したイベントで「Echo Show 15」を海外発表しました。(追記)日本でも発売予定、価格は税込2万9980円です。

15.6インチ 1080pディスプレイを搭載したEcho Show 15は、まるで『スマートディスプレイのお化け』といった風貌。横向きと縦向きに両対応し、壁掛けやスタンドに設置して利用できます。

アマゾンは、Echo Show 15に合わせてホーム画面も刷新。従来のヘッドラインや天気予報の表示に加え、Alexaウィジェットを表示できるようになりました。ユーザーはウィジェットをカスタマイズすることで、本機を家族用の多機能な電子掲示板のように利用できます。

Amazon

ウィジェットにはカレンダー、買い物リスト、付箋、To-Doリスト、リマインダーなどのアプリが含まれています。「What to Eat」ウィジェットには、料理レシピの共有サイトAllrecipesやEpicuriousなどのお勧めレシピや、レストランのデリバリー情報などが掲載されています。

スマートホーム機器を操作できるウィジェットも用意します。例えば、スマートカメラを選択すると、ライブカメラがピクチャーインピクチャ方式で表示され、夕食を作っている最中に、部屋にいる子供を見守ることができます。荷物の配達状況を確認できるウィジェットもあります。

Amazon

これらAlexaウィジェットは他のEcho Showでも利用できますが、画面をスワイプしないと表示されません。一方のEcho Show 15ではホーム画面に表示できる点が違いとなります、

カレンダーなどの個人情報などを見られたくない場合は、写真やアート作品だけを表示するフォトフレームモードも利用可能。マイクとカメラにはON/OFFスイッチがあり、カメラを物理的に覆うシャッターも内蔵、録音した音声はいつでも確認・削除できるなど、プライバシーに配慮しています。

Amazon

顔認識機能も搭載しており、顔を認識することで、共有された情報だけでなく、個人的なスケジュールやメモも表示できます。これによって、例えばグループ内で、特定のメンバーだけが閲覧できる付箋を表示することも可能。子供の顔を登録すれば、子供向けのコンテンツを表示できます。

その他、ユニークなのが音の学習機能です。例えば、冷蔵庫が開きっぱなしの状態で鳴るビープ音を学習させると、Echo Show 15がその音を認識し、冷蔵庫のドアを閉めるようにユーザーに通知できます。冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・玄関の呼び鈴など、家庭内の様々なアラート音を学習できるので、耳の遠い人にとっては特に便利です。

Echo Show 15は、AmazonのAZ2 Neural Edgeプロセッサを搭載しており、これによって上記の顔認証機能や音の学習機能をオンデバイス上で実現しています。

また、Amazon Prime Video、Netflix、Huluなどの動画配信サービスにも対応します。

Echo Show 15は2021年内に米国で先行発売予定。スタンドと壁掛けマウントは別売りで、これらの価格は未定です。

Echo Show 15(Amazon)