Engadget

Amazonは4月27日、新世代10.1インチのフルHDタブレット「Fire HD 10」と「Fire HD 10 Plus」を発表し、予約受付を開始しました。価格はFire HD 10の32GBモデルが1万5980円。Fire HD 10 Plusの32GBモデルが1万8980円、64GBモデルが2万2980円です。どちらも5月26日に出荷予定です。

Fireタブレットシリーズ(Amazon)

Fire HD 10(Amazon)

Fire HD 10 Plus(Amazon)

Fire HD 10は、2.0 GHzのオクタコアプロセッサと3GB RAMの搭載により前世代機に比べてメモリが50%増量。HD10 Plusでは、2.0GHzのオクタコアプロセッサと4GBのRAMを搭載しています。ディスプレイは前モデル比で10%明るくなった10.1インチの1080p(1920 x 1200)フルHDデ ィスプレイを搭載しています。

 ボディは前世代機のFire HD 10より7%薄く、8%軽くなり、強化アルミノシリケートガラスのスクリーンを採用。持ち運びやすく、耐久性も強化しています。

カメラはフロントが2M、リアは5Mを採用。ビジネス用途としてのビデオ通話ではZoomやSkype、 Microsoft Teams(近日提供開始予定)にも対応します。

Engadget

2画面表示機能を搭載し、Facebook MessengerやPrime Videoのような2画面表示に対応している2つのアプリを同時に表示できるFire OSを搭載。ながら作業でプライベートはエンタメ+SNS三昧な日々が送れるでしょう。

Fire HD 10 Plusのみの特徴は、外観にスレートカラー(濃い灰色)を採用。別売りのAnker製のワイヤレス充電スタンドでワイヤレス充電が可能です。また、スタンドに設置するとタブレットのShowモード が起動し、Alexaを搭載したスマートディスプレイとして利用できます。

Engadget

Fireタブレットシリーズ(Amazon)

Fire HD 10(Amazon)

Fire HD 10 Plus(Amazon)

気になる気になるエッセンシャルセット

今回のFireタブレットはアクセサリにも注目です。

Engadget

「Mader for Amazonキーボード付きカバー」(5980円)は、マグネットで取り外し可能なBluetoothキーボードを備えたカバーです。日本語配列で、設計は数多くのスマホ・タブレットアクセサリを開発してきたFintieが担当します。

Fintie 取り外し可能なBluetooth キーボード付きカバー(Amazon)

Engadget

「Amazon純正カバー」(4780円)は、チャコールブラック、ラベンダー、デニ ム、オリーブをラインアップしています。

Engadget

「Fire HD 10・Fire HD 10 Plus」+「Made for Amazon キーボード付きカバー」+「Microsoft 365 Personal 1 年版」が1つになった「エッセンシャルセット」を展開します。2万4980円から購入できます。

Fire HD 10 エッセンシャルセット(Amazon)

もちろんキッズも!

Engadget

新世代「Fire HD 10キッズモデル」も併せて発表されました。キッズ向けコンテンツが1年間使い放題で楽しめる「Amazon Kids+」と、新しく持ち手がついた保護カバー、2年間の限定保証がセットになったモデルで、価格は1万9980円で5月26日に出荷予定です。

「Amazon Kids+」はハードの更新にあわせて、コンテンツを拡充し、年齢が上のお子様(6才~12才)を対象に子どもっぽさを抑えたUIを用意しました。

Fire HD 10 キッズモデル(Amazon)

Fireタブレットシリーズ(Amazon)