Fire Tv Cube
Amazon

米Amazonは7月30日、第2世代のFire TV CubeでZoomが利用可能になったと発表しました。Fire TV Cube(第2世代)は、2020年末からAlexaデバイスへの双方向ビデオ通話が可能となっていましたが、今後はZoomを利用して、自宅の大画面テレビでのビデオ会議も可能になります。

Fire TV Cubeにはもちろんカメラは搭載されていないので、別途ウェブカメラの用意は必要です。そのウェブカメラとしては、解像度が720p以上で30fpsのUVC(USB Video Class)をサポートするものが推奨されています。これは、Fire TV CudeでのAlexaビデオ通話で利用するのと同じものです。なお、4Kカメラの仕様は非推奨とのことです。また、Fire TV Cubeのインターフェースはmicro USBなので、多くの場合、USBへの変換アダプタも必要になります。

アプリストアからZoomをインストールすれば、ゲストとしてすぐにZoomに参加可能。もちろん、Zoomアカウントでサインインもできます。あとはAlexaに「Zoomミーティングに参加」と言うだけです。続いてAlexaはミーティングIDとパスコードを要求します。Alexaをカレンダーにリンクすれば、カレンダーの会議予定に基づいて参加するZoomミーティングを提案します。

ZoomはPCやスマートフォンでも利用できるので、わざわざ自宅のテレビで行う必要もないのですが、リビングのソファーに座り、くつろぎながらのミーティングというのもたまにはいいかもしれません。

Source: Amazon