米Amazon、フィットネストラッカーAmazon Halo発表。体脂肪率測定や声で感情を分析も

サブスクリプション加入が必要

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年08月28日, 午後 05:00 in Amazon
0シェア
FacebookTwitter
Amazon Halo
Amazon

米Amazonは8月27日(現地時間)、フィットネストラッカーAmazon Haloを発表しました。現在、早期アクセスリクエストを受け付けており、価格は64.99ドル。なお、フル機能を利用するには、別途月額3.99ドルのサブスクリプションサービスへの加入が必要です(6か月間は無料)。

Amazon Haloは、ディスプレイを持たないリストバンド型のフィットネストラッカーで、歩数や活動時間、運動強度、心拍測定、睡眠計測など一般的なフィットネストラッカーとしての機能を備えています。

これに加えて、3つの特徴的な機能を備えています。

1つは、ユーザーの声を分析し、他の人にどのように聞こえているかを理解することでコミュニケーションの円滑化を促すという「Tone」。健康を考える上で、身体はもちろんのこと社会的な繋がりも含めた精神的な健康も大切だという考えによる機能です。本体に内蔵のマイクを使い、使用者の会話を断続的に録音。声の大きさや、テンポ、リズムなどを解析することで、他の人にどのように聞こえているかを解析するとのことです。なお、現在利用出来るのは英語のみとなっています。

結果は1日を通して、スマートフォン上のアプリで確認でき、その日の状態を振り返ることができます。なお、録音データはスマートフォン上で解析され、解析後にすぐに削除されるとのこと。クラウドにはアップロードしません。

2つめは、体脂肪率の測定機能です。体脂肪率は、体重やBMIだけで考えるよりも、体の状態をよく表していると考えられますが、家庭用の体重計が備えている体脂肪率の測定機能は精度が低いものがほとんど。これに対してAmazon Haloは、医師が使用する方法と同程度、家庭用機器の2倍は正確に測定できるとしています。

体脂肪率の測定には、スマートフォンのカメラで自分の体を撮影し、ディープニューラルネットワークを用いて筋肉や脂肪の付き方を解析するとのことです。

3つめはラボ機能で、Amazon Haloエキスパートや米国心臓協会など、複数のプロバイダが作成したワークアウトなどのコンテンツを利用出来るとしています。

Amazon Halo
Amazon

バッテリー持ちは、Toneを利用すると最大2日間、オフにすれば5日間。充電には専用の充電クリップを利用します。防水性能は5気圧防水で、水泳時にも利用可能です。

ディスプレイがなく、時計はおろか通知を確認できないのは、常に身に着けるというインセンティブが下がりそうですが、交換用のバンドなどはリリースされるようで、アクセサリ感覚で身につけるならいいのかもしれません。

source: Amazon(1),(2)

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Amazon, Halo, Band, Wearables, Wearable, Halo Band, Fitness, Tone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter