Billy Steele/Engadget
Billy Steele/Engadget

アマゾンの音楽ストリーミングサービスAmazon Music Unlimitedが、これまでAmazon Music HDとして別プランで提供してきたロスレス音質プランを、追加料金なしで提供することを発表しました。即時対象となる国は米国、英国、ドイツ、カナダ、フランス、イタリア、スペイン。残念ながら日本は含まれません。

この変更は全ユーザーに追加料金なしでロスレスおよびDolby Atmos対応の楽曲配信を発表したApple Musicに追随するもので、Amazon Music Unlimitedが追加徴収していた毎月5ドルのせいで既存ユーザーを逃さないため、そして新規加入を考える人に対して引き続き魅力的なオファーを提供するための動きといえるでしょう。この変更でAmazon Music Unlimitedは音質面でCDロスレス音質に加えてDolby AtmosやSony 360 Reality Audioに対応する楽曲を配信、料金面ではApple Musicと同じに実質値下げしつつ、プライム会員ならやや安価という特徴を維持します。

2019年にAmazon Music HDは当時一般的なロスレスプランの価格より5ドル安い月額15ドルで提供を開始しました。当時DeezerやQobuzはこれに追随し、Tidalは月額20ドルを維持する判断を下しています。

一方、記事執筆時点でまだロスレスプランを提供していないSpotifyも、年内には「一部の地域で」サービスを開始することは発表済み。主たるライバルのApple Musicが追加料金なしで先手を打ってきたことに対して、Amazon Music Unlimitedと同様の戦略をとるのかとらないのか、はたまた何かプラスアルファを用意しているのかが、今後注目されるところです。ちなみに、国内サービスではMora Qualitas や Deezer HiFiも2017年から日本でロスレスストリーミングを提供しています。

source:Amazon