MMORPG「New World」のクローズドベータが7月23日開始

確実に参加するには事前予約が必要

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年06月15日, 午後 06:00 in Amazon
0シェア
FacebookTwitter
Amazon

Amazonが2020年8月25日の発売を予定しているPC用MMORPG「New World」のクローズドベータを、同年7月23日より開始すると発表しました。

『New World』は中世を舞台にしたサバイバルMMORPG。プレーヤーは新しく発見された大陸への入植者となり、新大陸に住む動物や未知の怪物を戦ったりするなどして新大陸を開拓するという内容です。

クローズドベータに参加する方法は「事前予約」と「専用ページから登録」の2通りで、事前予約した場合は無条件でアクセス権が取得可能。ほかにもゲーム開始時に役立つ限定アイテムなども得られるとのこと。

一方、登録のみの場合は参加希望者の中から抽選となるため、登録しても参加できない可能性があります。確実に参加したい人は事前予約するといいかもしれません。

今回のクローズドベータ発表と同時に、主に戦闘シーンを収録した新しいトレーラーも公開。プレーヤーが協力して強大な敵と戦う姿や、プレーヤー同士での戦闘、さらには最大100人ものプレーヤーが参戦する大規模な攻城戦の模様を見ることができます。

Amazonは5月に基本プレイ無料のTPS「Crucible」の配信を開始しゲーム業界に本格的に参入。第二の矢である本作「New World」は、発表時から話題になっている期待のタイトルだけに、今回のクローズドベータでどのような評価が得られるのか注目です。

steamでの販売価格は通常版が4200円、デラックス版が5100円です。なお、日本語でのサポートはありません。

source:Amazon『New World』

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Amazon, games, MMORPG, New World, news, gear
0シェア
FacebookTwitter