APVC_01

Amazon Prime会員が利用できるAmazon Prime Videoでは追加料金なしの見放題作品や、購入またはレンタルすることで視聴できるコンテンツのほか、Prime Videoチャンネルが用意されています。

このPrime Videoチャンネル、有料ではありますが、通常、各サービスのサイトから登録しないと視聴できないようなコンテンツをPrime Video内で楽しめます。解約したい場合も、わざわざ各サービスサイトへ飛ばず、Amazon内のアカウントサービスからデジタルコンテンツとデバイスジャンルのPrime Videoの設定から行うだけ。一元管理できるため、煩雑さがありません。

今回はそんなPrime Videoチャンネルの中からオススメのチャンネルを紹介します。

NHKオンデマンド:月額990円(無料期間なし)

APVC_03

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をPCやスマートフォンなどで配信する動画サービス。地上波・衛星波の番組の中から、月約500本を放送当日または翌日から配信してくれます。また、過去の作品から名作ドラマやドキュメンタリーなど約7000本の番組をいつでも視聴可能。例えば、Twitterなどネット界隈で人気のあった「プロフェッショナル 仕事の流儀『庵野秀明スペシャル』」をいつでも見ることができます。

NHKが提供している動画配信サービスNHKプラスとの違いは、NHKプラスは受信契約をしている人を対象にしたもので、放送と同時視聴または放送から1週間以内のみの視聴に限られるのに対し、NHKオンデマンドは、テレビを視聴するための機器がなく、受信契約を結んでいない人も対象で、掲載が終わるまでの間、約7000本の過去作品を視聴できること。また、NHKプラスでは副音声や字幕を設定できますが、NHKオンデマンドではできないことなどがあります。

テレビが家になくても、NHKの連続テレビ小説だけは見たい、話題の番組だけは見ておきたい、過去に放送された作品を楽しみたい、という人にはうってつけのチャンネルでしょう。

NHKオンデマンド(Amazon)

dアニメストア:440円(30日間無料期間)

APVC_02

Prime Videoチャンネルのdアニメストアは、「dアニメストア for Prime Video」として提供されています。こちらは、放送中の番組から、過去の名作までを網羅。アニメ好きにはたまらないチャンネルといえます。

とはいえ、dアニメストア本家では4200作品以上と明確に数字を掲載していますが、Prime Videoチャンネルのdアニメストアでは作品数を明らかにしていません。もしかしたら、本家にあって、分家(Prime Videoチャンネル)にはないという作品もあるのかもしれません。

とはいえ、dアカウントをわざわざ登録しなくても、Amazon Prime会員のアカウントだけでサービスを楽しめるのは、管理の簡便化という点でメリットと感じる人もいることでしょう。さらに、dアニメストアでは配信していない作品をAmazon Prime Videoの見放題作品として配信していることもあります。Amazon Prime Videoのアニメだけでは足りない! という人にはもってこいのチャンネルです。

dアニメストア(Amazon)

シネフィルWOWOW プラス:390円(14日間無料期間)

APVC_04

Prime VideoチャンネルのシネフィルWOWOWプラスは、本家WOWOWプラスで配信しているさまざまなジャンルの作品のうち、映画に特化したチャンネル。そのため、本家より低い月額利用料金で楽しめます。

また、本家WOWOWプラスがスカパー!やJ:COMといったケーブルテレビやNTTのひかりTVやKDDIのauひかりを契約していないと利用できないのに対し、シネフィルWOWOWプラスならPrime Video内サービスのため、インターネット回線さえあれば利用可能。より手軽に映画を楽しむことができます。

提供作品は海外の映画だけでなく、人気テレビ番組も包含。BBCが放送していた「シャーロック・ホームズの冒険」や「名探偵ポワロ」といった作品も視聴できます。

Amazon Prime Videoの見放題作品でも、かなりの本数が網羅されていますが、欧米の作品を中心にもっと見たい、という人にはオススメです。なお、人気の高い韓国ドラマの宮廷ものを楽しみたいなら、「アジアドラマチャンネル」が良いでしょう。

シネフィルWOWOW プラス(Amazon)

セントラルスポーツ:440円(14日間無料期間)

APVC_05

スポーツを楽しむ人には、観て楽しむ人と、やって楽しむ人がいることでしょう。セントラルスポーツ フィットネスチャンネルは、後者にオススメしたいチャンネルです。

セントラルスポーツ フィットネスチャンネルは、ひかりTV、U-NEXTなどでも配信されていますが、既にAmazonPrime会員になっているのであれば、Prime Videoチャンネルから登録するのが、最もお手軽。

ヨガ、ストレッチ、ピラティスなど女性に人気のジャンルのほか、ストレス解消に効果的な格闘技エクササイズ、肩こりや腰痛改善に効果が見込めそうなコンディショニング、さらにはスマートな体を目指すメタボ対策まで多種多様。自宅にいながらにして、セントラルスポーツのスタジオで提供されているのと同等のプログラムを受講できます。在宅でのリモートワークで、お腹周りが気になりだしてきた、肩こりに悩まされている、というのであれば、この大型連休を利用してカラダづくりをしてみるのはどうでしょうか。とはいえ、やり始めはほどほどに。

セントラルスポーツ(Amazon)

BBCワールドニュース:792円(14日間無料期間)

APVC_06

BBCワールドニュースは、スカパー!やJ:COMといったケーブルテレビや、インターネット回線のauひかりやひかりTV、また動画配信サービスのHuluなどを契約することでも視聴できますが、AmazonPrime会員ならPrime Videoチャンネルで登録できます。

内容は、ライブ配信されるニュースのほか、トラベルでは観光名所を、カルチャーではその土地の食べ物やコロナ禍で役立つガジェットなどを、そのほか社会問題や最新テクノロジーについてのドキュメンタリーなど。海外から見た日本についての報道番組もあり、新たな発見につながるかもしれません。

世界で起きていることへの関心が高い人、また音声が英語なので英語学習中の人などにオススメしたいチャンネルです。

BBCワールドニュース(Amazon)