Amazonが第2四半期の決算を発表。コロナ禍の中で過去最高の利益を上げる

純利益は前年同期比の約2倍

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年07月31日, 午後 02:30 in Amazon
0シェア
FacebookTwitter
BRETIGNY-SUR-ORGE, FRANCE - APRIL 21: The logo of Amazon is seen on the facade of the company logistics center on April 21, 2020 in Bretigny-sur-Orge, France. The French government has ordered the American e-commerce giant Amazon to take measures at four of its sites in France to better protect employees against Covid-19. This Tuesday, the Versailles Court of Appeal examined the appeal filed by Amazon against a decision requiring it to restrict its activity in France during this period of confinement. Amazon Logistique France has finally decided to close all of its warehouses pending the decision of the Versailles Court of Appeal, which will be made on Friday April 24. The Coronavirus (COVID-19) pandemic has spread to many countries across the world, claiming over 171,000 lives and infecting over 2.5 million people. (Photo by Chesnot/Getty Images)

2020年7月30日(現地時間)、米Amazonが第2四半期(2020年4~6月期)の決算を発表しました。

同期間の売上高は、前年同期と比べて40%増の889億ドル(約9兆2800億円)。純利益は前年同期の約2倍の52億4300万ドル(約5500億円)に上り、四半期の利益としては1994年の創業以来最高を記録したとのこと。

Amazonでは、従業員の新型コロナ対策費として約40億ドル(約4200億円)を計上しており、第2四半期は営業赤字に転落すると予測されていました。しかし、感染を防ぐために外出機会が減ったことでネット通販の利用者が急増。ネット通販部門の売上額は前年比で48%も増加しました。他にも広告部門は41%、販売業者向けサービスは52%、「Amazon Web Services(AWS)」の売り上げも約29%増えています。

Amazonのブライアン・オルサブスキーCFOは、食料品の販売は前年の3倍にも達したと報告。需要が急増したことにより、倉庫もこれまでの3倍に拡大したといいます。第2四半期はストリーミングサービスの視聴時間も2倍になったとのこと。

また、Amazonはアメリカだけでなく欧州や日本といった海外事業でも営業黒字となっており、こちらもコロナ禍によって顧客支出が増加したことが、黒字の要因だとしています。

今後はホリデーシーズンを迎えるため、顧客支出はさらに増加すると見込まれています。多くの企業がコロナの影響で苦しむ中で、Amazonはこの逆境を味方にし、さらなる成長を遂げるかもしれません。

Sauce:The Verge

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Amazon, earnings, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents