Amazon SIM free

ハイエンドなスマートフォンが10万円を超えることも珍しくなくなっており、スマートフォン購入時にキャリアの残価設定ローンを利用している人も増えているのではと思います。月々の支払いを抑えられるのはメリットですが、返却前のため、機種変更時に古い端末を子供などの家族用に使いまわすことが出来なくなってしまうデメリットも。

もっとも、最近のスマートフォンの進歩はめざましく、2~3年前のハイエンドモデルに近い性能のミドルクラスも出てきています。

そこで本記事では、Amazonで購入できるSIMフリースマートフォン、中でも3万円以下で購入できる5機種を紹介します。記事内の太文字や画像をタップするとAmazonの製品サイトに移ることができます。

720Gの4眼スマホ Xiaomi Redmi Note 9S 6+128GB

Xiaomi Remi Note 9S

Xiaomi Rdmi Note 9Sは、2万9800円で販売中。下位モデルのRAM4GB+ストレージ64GBモデルなら、さらに安く2万4800円です。SoCは1世代前のモデルですが、ミドルクラスの中でも上位寄りなSnapdragon 720Gを搭載します。6.67インチの大画面で解像度は2400 x 1080。背面カメラは4800万画素の広角 に800万画素の超広角、500万画素のマクロ、そして200万画素の測距センサーという4眼構成。ボケ感のある人物写真を撮影できる「ポートレートモード」なども搭載します。バッテリーも5020mAhという大容量なので、ゲームや動画視聴が捗りそうです。

クセのないAndroid端末 moto g9 play

moto g9 play

moto g9 playは2255円OFFの2万2545円にて販売中です。motorolaの人気ミドルクラスgシリーズの最新モデル。SoCにはSnapdragon 662を搭載します。RAM4GBでストレージは64GB。ディスプレイは6.5インチ 1600x720のIPS液晶で、フロントカメラ周りは水滴型のノッチを採用。背面カメラは4800万画素のメインカメラに200万画素のマクロ、そして測距センサーという3眼構成。背面ロゴが指紋センサーになっているのはこれまでのmotorola端末と共通です。

これといって目立った特徴がない端末ですが、格安スマートフォンにありがちなメーカーの独自カスタマイズなどがほとんどなく、ほぼ素の状態のAndroidになっているのがむしろ特徴です。

eSIM対応のOPPO A73

OPPO A73

OPPO A73は、11月20日に発売予定で2800円OFFの2万8000円にて販売しています。OPPOのラインアップの中で、コストパフォーマンスを重視したAシリーズの最新モデル。6.44インチの有機ELで解像度は2400x1080。指紋センサは画面内に搭載しています。SoCはSnapdragon 662でRAM4GB、ストレージ64GB。背面カメラは、1600万画素の標準、800万画素の超広角、200万画素のモノクロ、200万画素のポートレートという4眼構成。前面カメラも1600万画素と高精細です。

最大の特徴は低価格モデルながらeSIMに対応している点。このため、デュアルSIMとmicroSDXCを同時に利用可能です。

おサイフケータイ対応のOPPO Reno A

OPPO Reno A

OPPO Reno Aは、2万7200円で販売中。すでに後継モデルのReno3 Aが出ていますが、3万円以下縛りということでこちらをチョイスしました。その特徴はなんといっても、格安端末ながらFeliCaを搭載し、おサイフケータイが利用出来る点です。ディスプレイは6.4インチ 2340x1080の有機ELでSoCはSnapdragon 710を搭載。RAMも6GBあり、端末のキャッチフレーズ通りに余裕がある格安スマホです。

背面カメラは1600万画素の標準レンズに200万画素の測距センサーというデュアル構成。フロントカメラが2500万画素なのも他のモデルでは見られない特徴です。

格安でもHDR10対応 TCL 10 Lite

TCL 10 Lite

TCL 10 Liteは、2万6800円で販売中。国内で販売されているTCLブランドのスマートフォンとしては、3機種目となります。6.53インチのディスプレイはフラットな液晶を採用。2.5Dなど周辺が湾曲した機種が多いですが、縁がフラットなので片手で掴んでも誤動作が少ない印象があります。液晶テレビで高いシェアを誇るTCLブランド端末だけに、格安端末ながらHDR10に対応。SDRをHERへコンバートする機能も備え、NetflixやYouTubeなどの動画を美しい映像で堪能できます。

背面カメラは4800万画素の標準に800万画素の超広角、200万画素のマクロ、200万画素の測距センサーという4眼構成。側面に機能を割り当てられるスマートキーを搭載するのも特徴です。SoCはSnapdragon 665でRAM6GB、ストレージ128GBと価格の割にメモリが多めなのもうれしいところです。

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。本記事のリンクからなにかを購入すると、編集部にアフェリエイト報酬が入ることがあります。セール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。