SmartHome
Engadget Japan

スマートスピーカーも大分普及してきた感があり、そろそろ照明やエアコン、なども含めスマートホーム化を進めようと思っている人もいるのではないでしょうか。

ただ音声アシスタント対応の製品は、各社から発売されているものの、どれから始めればいいのか迷ってしまうもの。そこで今回はAmazonで購入できるおすすめのスマートホーム製品をピックアップしてみました。記事内の太文字や画像をタップするとECサイトに移ることができます。

既存の家電を操作できるスマートリモコンNature Remo 3

Nature Remo3

Nature Remo 3は9980円で販売中です。既存の赤外線リモコン対応の家電を操作できるスマートリモコンで、プリセットされた製品はエアコンの温度設定やテレビのチャンネル・入力切替えなど高度な操作に対応します。それ以外にも手動での登録にも対応しており、電源のON/OFF程度あれば大抵は操作できます。Remo 3は3世代目と言うこともあり、セットアップがこれまで以上に簡単に。また、温度・湿度・照度・人感センサーも備えており、寒くなったらエアコンを点ける、暗くなったら照明を点けるといった制御も行えます。もちろん、GoogleアシスタントやAlexaにも対応しているので、スマートホーム化を始める製品としてはオススメです。

Nature Remo 3(Amazon)

朝日と共に気持ちよく起きられる、めざましカーテン mornin’ plus

Mornin Plus

めざましカーテン mornin’ plusは、7680円で販売中です。カーテンレールに取り付け、モーターで移動することでカーテンの開閉を行います。アプリでの操作のほか、タイマー設定にも対応。朝になったら自動でカーテンを開け、夜には自動で閉めることもできます。旅行等で長期の不在時に、防犯対策としても利用出来そうです。先のNature Remo 3と組み合わせることで、GoogleアシスタントやAlexaからも操作が可能になります。

めざましカーテン mornin’ plus(Amazon)

手軽にでコンセントのON/OFFが可能 TP-Link WiFi スマートプラグ

TP-LINK

TP-LINK WiFi スマートプラグは、1800円で販売中です。コンセントに直挿しで使うデバイスで、それ自身にもコンセントが1口あり、アプリや各種音声アシスタント経由でON/OFF出来る、ただそれだけのデバイスです。とはいえ、これが意外と便利で、たとえばデスクライトなどコンセントの抜き差しだけでON/OFFできる家電製品であれば、スマートプラグを挟むことで音声アシスタントから制御可能になります。ほかにも、電源タップの根元に使えば、一括で繋がった家電の電源を落とすこともできます。Amazonデバイスとしてもスマートプラグは発売されていますが、こちらはAlexaのほかGoogleアシスタントでも利用出来ます。

TP-LINK WiFi スマートプラグ(Amazon)

スマートホームはやはり照明から スマートLEDシーリングライト

Plus Style

+StyleのスマートLEDシーリングライトは、9980円で販売中です。WiFiに対応しており、別途スマートリモコンやブリッジなどを使わずに直接スマートフォンやスマートスピーカーから操作できるのが特徴です。スマートホーム化で真っ先に思い浮かぶ照明ですが、電球タイプは使いどころが限られます。その点、シーリングライトならどの部屋でも利用できるのが利点です。単純なON/OFFだけではなく、調光にも対応しており、時間に合わせて明るさを変える設定も可能です。

なお、12月11日まで、2000円オフのクーポンも発行されています。

+StyleのスマートLEDシーリングライト(Amazon)

スマホでカギを解施錠できる Qrio Lock

Qrio

Qrio Lockは2万4840円で販売中です。ドアのサムターンに後付け出来る製品で、面倒なカギの開け閉めをスマートフォンのアプリ上から行えるだけでなく、スマートフォンを操作せずに近づくだけでも解錠可能。工事が必要ないので、手軽に導入できるのもメリットです。別売りのQrio Hubを導入すればGoogleアシスタントやAlexaからの音声操作も可能になります。

Qrio Lock(Amazon)

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。本記事のリンクからなにかを購入すると、編集部にアフェリエイト報酬が入ることがあります。セール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。