AMDがRyzen 4000Gシリーズを発表。Zen 2コア採用のミッドレンジ向けGPU統合APU

省電力なGEシリーズも

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年07月22日, 午後 05:22 in AMD
0シェア
FacebookTwitter
AMD Ryzen 4000G
AMD Ryzen 4000G

AMDは新型デスクトップ向けAPU「Ryzen 4000Gシリーズ」を発表しました。

Ryzen 4000GシリーズはZen 2コアを搭載したプロセッサで、Radeonグラフィックスが統合されています。製品の主なターゲットは、別途GPUを搭載しないミッドレンジ向けデスクトップPCです。

AMD RYZEN 4000G
AMD RYZEN 4000G

最上位のRyzen 7 4700Gでは8コア/16スレッドを搭載し、ベースクロックは3.6GHzでブーストクロックは4.4GHz。これに2.1GHz駆動の8コアRadeonグラフィックスが組み合わされます。

Ryzen 5 4600Gは6コア/12スレッドでベースクロックは3.7GHz/ブーストクロックは4.2GHz、1.9GHz駆動の7コアRadeonグラフィックスを搭載。Ryzen 3 4300Gは4コア/8スレッドでベースクロックは3.8GHz/ブーストクロックは4GHz、1.7GHz駆動の6コアRadeonグラフィックスを搭載しています。

AMD Ryzen 4000G
AMD Ryzen 4000G

すべての4000GシリーズのTDPは65Wで、それぞれのモデルに動作クロックを下げTDP 35Wを実現した「GE」モデルも用意されます。

AMD Ryzen 4000G
Engadget Japan

パフォーマンスとしては、Ryzen 4000GシリーズではZen+にくらべてコアあたりの性能が15%向上。またグラフィックス性能では、4700Gで2.1TFLOPを実現しています。

Ryzen 4000Gシリーズの価格は4700Gが約300ドル(約3万2000円)、4300Gが約140ドル(約1万5000円)。製品出荷は来週からスタートします。

Source: AMD

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: AMD, Ryzen, processor, news, gear
0シェア
FacebookTwitter