INDIA - 2019/08/30: In this photo illustration a Mobile  Google Calendar  logo seen displayed on a smartphone. (Photo Illustration by Avishek Das/SOPA Images/LightRocket via Getty Images)
SOPA Images/LightRocket via Gett

Googleは11月11日(現地時間)、Android 11以降を搭載したデバイスで、Workspace(旧称 G Suite)のGoogleカレンダーで仕事用プロファイルを利用している場合に、個人用カレンダーと仕事用カレンダーを一緒に表示できるようになったと発表しました。

主に企業などの組織で利用されるWorkspaceですが、通常の個人用データとは別に、組織が管理できる仕事用プロファイルを設定可能です。業務で使用する端末を組織が管理しやすくするためのものですが、基本的に仕事用プロファイルで使用するデータやアプリは管理者が把握することが可能です。

これまでGoogleカレンダーでは、この仕事用プロファイルを使った予定と個人用プロファイルの予定を一緒に表示することは出来ず、都度切替えて表示するか、個人用データを仕事用プロファイルと共有する必要がありました。

しかし、Googleカレンダーの新機能では、個人用プロファイルのデータと仕事用プロファイルのデータを一緒に表示可能となります。一緒に表示されているだけでデータ自体はこれまで通り別々なので、個人用プロファイルの内容を管理者に知られることはありません。また個人用プロファイルでカレンダーを表示している場合には、仕事用プロファイルのデータは表示されないとのことです。

ただし、この機能ではデフォルトでオフになっており、利用するには管理者による設定が必要です。機能自体はすでに展開が始まっており、最大でも15日以内にすべてのWorkspaceユーザーに公開される予定です。

source: Google