Raspberry Pi 4 Android 11

小型コンピューター「Raspberry Pi 4」にてAndroid 11を動作させたという報告が、海外で寄せられています。

もともとRaspberry Piでは、Linuxの動作が想定されています。そのアーキテクチャはAndroid OSと同じARMですが、ドライバの不足などからAndroidを動作することが難しい環境でもありました。

一方でテックサイトのXDA-DevelopersのフォーラムにMax Weningerさんが投稿したレポートでは、Android 11をベースとしたOmniROMをRaspberry Pi 4にて動作させることに成功しているのです。

Raspberry Pi 4上でAndroid 11はタブレットモードにて動作し、Androidタブレットと同様の操作が可能で、Play Storeも利用できます。しかし、タブレットモードならではのグラフィック周りの制限もあると伝えられています。

本体がキーボード型の「Raspberry Pi 400」が登場するなど、さらに広がるRaspberryの世界。今回のような最新Android OSを動作させる環境が広まれば、さらなる顧客獲得に繋がりそうです。

Source: Max Weninger (XDA-Developers Forum)

Via: 9to5Google