Android 11 Twitter

Android 11では大きな変更点の一つとして、通知欄やメッセージングアプリの取り扱いの変更が加えられます。

このたび、そうした変更がTwitter(純正アプリ)にも適用されることが判明しました。Android 11ではTwitterのダイレクトメッセージが通知欄で確認しやすくなり、また簡単に返信できるようになるとのことです。

さて、この情報を伝えているのはAndroidのDeveliopersブログですが、Googleがサードパーティアプリについて機能をアピールするのは、珍しい気がします。

ただしこれは、Android 11で利用可能となるConversation Notification APIの使用例として、具体的にイメージしやすいために取り上げたもののようです。このブログ記事では「メッセージ機能をもつ他のアプリも、この機能を活用するように」と呼びかけています。

また、同時にFacebookのMessengerについても取り上げています。Android 11では、Messengerのチャットヘッドによく似たバブル表示が導入されますが、Messengerがどのようにバブルに対応するのかといった、開発者ベースでの解説が行われています。

こちらもやはり、具体的な例を示すことで、他のアプリにも移行を促すのが狙いのようです。

Android 11は「人、コントロール、プライバシーに焦点を当てた」としており、これらのメッセージング機能の追加・変更は、人間中心のエクスペリエンスを実現するためのもの。意識しなくてもメッセージを確認しやすいように配慮している模様です。

関連記事:

source: Android Developers Blog(1), (2)