Android 12

米Googleの次期モバイル向けOS「Android 12」が10月4日に正式リリースされる可能性を、海外テックメディアのXDA Developersにてチーフエディターを務めるMishaal Rahman氏が伝えています。

Android 12は今年秋の正式リリースが予定されており、その大きな特徴は新デザイン「Material You」の採用にあります。これは、ユーザーが設定した壁紙のカラーを抽出して、OS全体の色合いを統一するというものです。

また、アプリのデータアクセスを確認できるプライバシーダッシュボード、マイクやカメラの状況を表示するインジケーターが追加されるなど、細かな改良も実施されています。

Mishaal Rahman氏によれば、10月4日にはAndroid 12のAOSP(Android Open Source Project)がリリースされるとのこと。これまでのAndroid OSではAOSPと正式リリースが同時だったことが多かったため、Android 12の正式リリースも10月4日になることが予測できるのです。

Android 12が公開されれば、まずGoogleのPixelスマートフォンが最初の対応デバイスになるはずです。さらに次期Pixelスマートフォンこと「Pixel 6シリーズ」もAndroid 12を搭載して出荷される、その発売が10月4日以降になることが推測できます。

なお、その他のメーカーのAndroidスマートフォンでは、Android 12が利用できるのは早くて数週間、通常だと数カ月後になるはずです。最新のAndroid OSをいち早く体験できるのはPixelスマートフォンという図式は、今後も変わらないことでしょう。

 

Source: Mishaal Rahman (Twitter)