例年どおりなら年内にリリースされるAndroid 12について、画面の縮小機能やPixelスマートフォンでの顔認識による画面回転機能など、新機能の追加が報じられています。

海外テックサイトの9to5Googleによると、Android 12の画面縮小機能では画面を垂直方向に小さくすることで、片手での操作を支援します。画面縮小機能はすでに一部スマートフォンメーカーによって独自に実装されているのですが、他社では縦横の両方が縮小されるのに対し、Andoroid 12では縦方向のみが縮小されるようです。また、この機能はメーカーによるカスタムが可能だとも伝えられています。

画面縮小モードへの移行は画面下部コーナーへのスワイプなどハンドジェスチャーが用いられ、通常画面への移行には縮小された画面の外側をタップするか、あるいはタイムアウトによる自動終了も利用できるとしています。またキーボードが開かれると画面縮小モードは自動終了し、アプリを切り替える時にモードを終了するかどうかを設定することも可能です。

Pixelスマートフォンでの顔認識による画面では、オプション機能としてフロントカメラで顔を撮影し、画面の向きを自動で切り替えられます。ベッドに寝っ転がりスマートフォンを持ち上げた時など、端末の上下が一定しない状況などで便利な機能です。

Android 12ではプライバシー表示の搭載を示唆するスクリーンショットが流出しており、また内部コード「Snow Cone(かき氷)」と呼称されているとの報道も登場しています。早ければ2月末にも開発者向けプレビューが登場するとされるAndroid 12ですが、細かな改良も数多く追加されるようです。

Source: 9to5Google 1, 2