Android 12
Google

米Googleは10月4日(現地時間)、長らくベータテストを実施していたAndroidの最新版「Android 12」のソースコードをAndroid Open Source Project(AOSP)で正式リリースしました。まだ特定デバイス向けには配信されていませんが、Pixel向けには今後数週間で展開予定とのこと。また、Samsung Galaxy、OnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、Xiaomiデバイスについても、今年後半に利用可能になるとしています。

Android 12では、新デザインの「Material You」のほか、ウイジェットのデザインが一新。また、アプリがどのデータにアクセスしているかを容易に確認できるプライバシーダッシュボード、画面上にマイクやカメラの利用状況を確認できるインジケーターの追加など、プライバシーに配慮した機能も追加されています。

このほか、コアシステムサービスで使用されるCPU時間を22%削減、通知からのアプリの立ち上げが34%高速化するなどパフォーマンス面での改善も図られています。

なお、10月27日~28日には、開発者向けのAndroid Dev Summitが開催されます。Android 12についても、このイベントで詳しく説明するとのことです。

Source: Android Developers Blog