Android 12
Google

Googleが9月8日(現地時間)、Android 12の最終ベータ版となるベータ5をリリースしました。Pixel 5a(5G)を含むPixelスマートフォンや、シャープやASUSなどの一部パートナー端末で試用可能です。

新機能などに関してですが、今回はほぼ完成に近い最終ベータということもあり、ベータ4やベータ3から大きな変更はありません。APIやアプリ向けの機能などはベータ4で開発完了しており、今回は最終リリースに向けた微調整にとどまっています。


Android 12では、新デザインの「Material You」のほか、アプリがどのデータにアクセスしているかを容易に確認できるプライバシーダッシュボード、画面上にマイクやカメラの利用状況を確認できるインジケーターの追加、アプリ起動時のスプラッシュアニメーション、カメラを利用した画面の自動回転制御などの機能が追加されています。


次の予定はいよいよ正式版となりますが、Googleによると数週間後にリリースされるとのこと。

これまで通りなら、最初にPixel端末で利用可能になり、その後、サードパーティが自社端末向けにカスタマイズを行い、数か月以内にアップデートを開始すると考えられます。

なお、今秋発売が予告されているPixel 6についても、このAndroid 12のリリースに合わせて発売される可能性がありそうです。


日本のキャリア向け端末ではようやくAndroid 11のアップデートが始まったという印象なので、Android 12になるのは当分先かもしれません。いち早く試したい人はPixelのほか、シャープやASUS、OPPO、Xiaomiなど、ベータテストに参加しているパートナー端末を利用するのも手かもしれません。


Source: Google