米Googleが、折りたたみスマートフォンやタブレットでの使用を想定した「Android 12L」の初ベータ版(Beta 1)を、Pixelスマートフォン向けに公開しました。


Android 12Lは、上述したAndroidデバイスの形状の多様化にあわせて投入される新OSです。本来はこれらのデバイスに向けた設計となりますが、今回はPixel向けの提供に。

これは、Android 12Lがスマートフォンでも使える仕様だった、ということにもなります(もちろん、正式リリース時に変更される可能性もありますが)。



Android 12Lの主な特徴としては、対象デバイスの大画面を活かした、独特の画面レイアウトが採用される点。

デバイスが大画面であると検知すると、ロック画面やアプリなどが2列レイアウトに切り替わります。また「iPadOS」のようなアプリのタスクバーの表示、アプリの2個同時表示での操作性の向上も焦点です。

なお、正式リリースは2022年初頭を予定しています。


今回配布されたAndroid 12L ベータ1では、画面分割機能として従来の「スプリットスクリーン(Split Screen)」にかわり「アプリペア(App Pairs)」が導入されています。これは最近使ったアプリ/マルチタスク画面の上部アイコンをタップすることで起動でき、分割画面の上部のアプリが固定されないといった変更が加えられています。

その他にもインターネットやその他クイック設定のアニメーションも変更され、画面下からメニューが表示されるのではなく、トグルボタンから中央へと設定メニューが展開されます。


Android 12L ベータ1はPixel 3a以降のスマートフォンで利用可能。また、中国レノボの「Lenovo Tab P12 Pro」にも、数週間中に展開される予定です。ますますバリエーションが広がるモバイルデバイスに対応するAndroid OS。12Lを含めた今後の進化はユーザーにとっても使い勝手を大きく変えるだけに、注目したいところです。


Source: 9to5Google 1, 2, 3