米Googleは最新OS「Android 12」を、一部Pixelスマートフォン向けに配信を開始しました。

今年10月には開発者向け(AOSP: Android Open Source Project)にリリースされていた、Android 12。またPixelスマートフォンへの数週間以内の配信も、当時から予告されていました。

Android 12の特徴は、新たなデザイン言語「Material You」の採用です。例えばユーザーが設定した壁紙の色を抽出し、システム全体のテーマカラーに適応することができます。その他にも新デザインのウィジェット、プライバシーダッシュボード、マイクやカメラの利用時のインジケーター表示などが取り入れられています。

Android 12の配信対象となる端末はPixel 3A、Pixel 4、Pixel 4A、Pixel 4A 5G、Pixel 5、Pixel 5A。10月28日から販売が開始されるPixel 6/Pixel 6 Proには、Android 12が最初からプリインストールされています。

一方で、サムスンやOnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、シャオミといったサード製スマートフォンへのAndroid 12の配信は、年内に予定されています。ただし配信タイミングは、利用する携帯キャリアによっても大きく影響されます。

Android 12へのアップデートは、設定アプリのシステム→システムアップデートから可能です。このように最新OSの提供をいち早く受けられるのも、Pixelスマートフォンの大きなメリットの一つです。

Source: Google

関連:5分でわかるPixel 6シリーズ新機能まとめ。日本で10月28日発売