米グーグルが開発中の次期スマートフォン向けOS「Android 12」。その初期ドラフトのものとされるスクリーンショットが公開されました。

Android開発者向けのニュースを得意とする海外ニュースサイトのXDA Developersに掲載された今回の画像からは、これまでのAndroidの印象とは大きく変わったブラウン系のテーマカラーと、角が丸まっている通知表示が確認できます。また、通知上部のクイック設定アイコンは、現行の横6個並びから4個へと削減されています。


そして画面の右上を見ると、カメラとマイクが利用されていることを意味するプライバシーインジケーターが、目立つように緑色の枠内で表示されています。

この通知をタップすると、どのアプリがハードウェアを利用しているのかを確認したり、アプリごとの設定変更などが可能です。このようなプライバシーインジケーターは、米アップルのiOS 14でも導入されています。

その他にも、チャットなどの会話が表示される、新たな会話ウィジェットの存在も確認できます。


Android 12は、例年どおりのスケジュールならば今年後半にリリースされるはず。正式版の配布まではかなり期間があるので今回のデザインは変更される可能性がありますが、この画面を見るだけでも、新しいAndroid 12のUI(ユーザーインターフェイス)は、なかなかに洗練された印象です。

Source: XDA Developers