Android版Chrome、しばらく使っていないと通知を飛ばす機能が実装か

Chromeを使ってってコト?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
ANKARA, TURKEY - FEBRUARY 22: In this photo illustration a computer phone screen displays the NFC logo in Ankara, Turkey on February 22, 2020. Halil Sagirkaya / Anadolu Agency
Google Chrome Android

Android版のChromeブラウザに、しばらく起動しないとユーザーに通知が飛ぶ機能の実装が検討されていることがコードから判明しました。

開発者向けブラウザ、Chromiumから見つかったコードには「Chromeが製品内ヘルプシステムを使用して、再エンゲージメント通知を表示するタイミングを決定できるようにします(Enables Chrome to use the in-product help system to decide when to show re-engagement notifications)」との記述が見当たります。

海外テックサイト、9to5Googleによると、グーグルは以前からユーザーをChromeに引き戻すためのメッセージをテストしていたようで、「Chromeで今日のニュースを読みましょう」「Liteモードでデータ使用量を60%削減しましょう」といった通知がありました。

ブラウザシェアにおいてChromeブラウザは大きなシェアを誇っていますが、2020年に入って米マイクロソフトがChromiumベースのEdgeブラウザの配布を開始するなど、その地位は未来永劫保証されているわけでは決してありません。

今回見つかったコードが実装されるかは不明ですが、ずっと繰り返されてきたブラウザ戦争の来る新たな局面に備え、グーグルも常に考えを巡らせているようですね。

Source: Chromium Gerrit 1, 2, 3
Via: 9to5Google

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: smartphone, Android, Chrome, Google, news, gear
0シェア
FacebookTwitter