Android OSとChrome OS間でWi-Fiを共有するシステムが、近日実装されることが予測されています。

今回の情報は、Chromiumの開発者向けスレッドに「Sync Wi-Fi network configurations with Android」というフラグがが登場したことから判明しました。機能はフラグが示すように、Chrome OSとAndroidスマートフォンとのWi-Fiパスワード共有を支援するものです。

また海外テックサイトの9to5Googleによれば、このシステムにはChrome OSの「Connected Devices」の情報が利用され、パスワードはWi-FiではなくBluetooth経由で共有されるようです。

実は以前にもChromebook同士でWi-Fiパスワードを同期するシステムの開発が確認されたことがありますが、同機能はまだ配信されていません。一方で、すでにmacOSとiPhoneでは無線によるWi-Fiパスワード共有が可能となっており、利便性という意味では一歩進んでいます。

今回伝えられているAndroidスマートフォンとChrome OSとのWi-Fiパスワード同期機能が、具体的にいつ配信されるのかは不明です。しかしもしかすると、12月に配信予定のChrome OS 87にて機能追加が予定されているのかもしれません。

Source: Chromium Gerrit

Via: 9to5Google