Androidを地震計に。Google、スマホで作る世界規模の地震検知ネットワーク発表

緊急地震速報が整備されていない地域でも使えるように

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年08月12日, 午後 12:50 in earthquake detection
0シェア
FacebookTwitter
Android Earthquake Alerts System
Google

Googleは8月11日(現地時間)、Androidデバイスを利用した世界規模の地震検知ネットワーク「Android Earthquake Alerts System」の構築を発表しました。

地震検知と言えば、日本では各地にある地震計からの情報をもとにした緊急地震速報の仕組みがありますが、世界では同様の仕組みを持つ国や地域は多くはありません。これは、地震計や通知の仕組みの整備など、インフラを整えるのにコストがかかるのも要因の一つとなっています。

そこで、Android Earthquake Alerts Systemでは、Androidスマートフォンを地震計の代わりに使用します。Androidに備わっている加速度計を使って地震を検知し、それをサーバーに集約して地震が発生しているかどうかを判断します。そして、必要に応じて各端末に通知を行う仕組みです。

スマートフォンの加速度計で本当に地震を検知できるのか、やや疑問もありますが、Googleによると、地震発生を知らせるP波を検知できるほど、高い精度を持っているとのことです。本格的な揺れが起こるS波到達前に警報を出すことで、数秒とはいえ身を守る行動を行いやすくなります。

この仕組みを利用し、まず「地震」あるいは「近くの地震」で検索した際に、Android Earthquake Alerts Systemが検出した地震の情報が表示されるようになります。

Android Earthquake Alerts System
Google

また、米国地質調査所(USGS)およびカリフォルニア州知事の緊急サービス室と協力し、カリフォルニア州で運用されている地震速報システムSharkeAlertに、すでにこの仕組みを反映させたとのことです。

今後1年間で、より多くの州や地域で、Android Earthquake Alerts Systemを利用した地震警報を展開する予定とのこと。地震警報のインフラ整備が追いついていない地域では、有用な仕組みとなる可能性がありそうです。

source: Google


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: earthquake detection, google, smartphones, earthquakes, mobile, earthquake, android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents