PARIS, FRANCE - OCTOBER 23: In this photo illustration, the logos of the applications, Google Maps, Google and Gmail are displayed on the screen of a tablet on October 23, 2018 in Paris, France. After being fined 4.3 billion euros last June for a dominant position in research with its Android mobile operating system, Google has decided to comply by charging for its applications and Play Store to manufacturers who want to sell their mobile devices in Europe, and this without integrating Google Search and Google Chrome. From October 29, Google will implement a fairly complex license system for manufacturers who sell Android-powered mobile devices in Europe and want to install the Play Store and its other applications
(Photo Illustration by Chesnot/Getty Images) Chesnot via Getty Images

Googleは、3月23日8時前からGmailやLINEなど複数のアプリがクラッシュしていた問題について、対応したWebViewChromeをリリースしました。この2つをGoogle Play経由でアップデートすることで、すべてのユーザーの問題が解決するはずだとしています。

この問題は、GmailやLINEなど、複数のアプリで正常に起動出来ない、起動してもすぐに停止してしまうといったもの。他にウマ娘やグランブルーファンタジー、パズル&ドラゴンズなどのゲームでも同様の不具合が発生していました。

WebViewはAndroid端末にて、Webページを表示するために使われるコンポーネント。直接Webサイトを表示しない場合でも、アプリ内で各種情報を表示する際に利用されています。

今回の不具合に際し、一時的にWebViewのアップデートをアンインストール、あるいは無効にしていた場合には、忘れずに再有効化とアップデートをするようにしてください。

Source: Google