Android版GoogleフォトにAI使用の新編集機能。Pixel 5/4a(5G)ではポートレートライトも

ポートレイトライトは他のPixelにも提供予定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年10月1日, 午後 04:30 in pixel5event
0シェア
FacebookTwitter
Google Photo
Google

Googleが、日本時間の10月1日未明に行われたPixel 5とPixel 4a(5G)の発表イベントに合わせ、Android版Googleフォトの新しい編集機能を発表しました。

新エディタでは機械学習を用いて、写真に合わせてEnhanceやColor Popといった写真の見栄えを増す効果を提案し、ワンタップで適用可能になります。

またPixelデバイス向け機能としては、今後数ヶ月でポートレートや風景、夕焼けなどをより目立たせられる提案も追加されるとのことです。

操作系統に関しても、こうしたワンタップでの提案に加え、手動での明るさやコントラスト、彩度などの編集画面も変更され、これまで以上に細かい調整が容易になっています。

また、Pixel 5とPixel 4a(5G)向け機能として、新たにポートレートライト機能が追加されました。これは、機械学習を用いて、ポートレートの顔の照明を修正するもので、撮影後にライトの位置を調整し、その方向から明かりが当っているように加工するという物です。

なおこの機能は、ポートレートモード以外で撮影した写真にも利用できます。また、他のPixel端末でもすぐに利用可能になるとしています。

Portrait Light
Google

新しいGoogleフォトのエディタ機能は、既にAndroidアプリ向けに提供が開始されているとのこと。

いつものように、すべてのユーザーが利用可能になるまでは数日かかることもありそうですが、期待して待ちたいところです。

source: Google


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: pixel5event, photos, AI, Machine learning, Portrait Light, pixel, pixel 4a 5g, pixel 5, news, gear
0シェア
FacebookTwitter