Android Update
Google

Googleは2月23日(現地時間)、Androidに追加される6つの新機能を発表しました。内容としては、パスワードチェック機能、メッセージのスケジュール送信、TalkBackの改善、ロック中のGoogleアシスタントの利用、Googleマップのダークテーマ対応、Android Autoの壁紙やゲーム対応となっており、すでにいくつかの機能は利用可能です。

パスワードチェックは、これまでGoogleアカウント設定で利用出来たものと同じで、Android 9以降のデバイスで統合されました。パスワードの漏洩などがあった場合にはその旨通知され、パスワードの変更を促します。なお、パスワードチェックを有効にするためには、Androidの設定で自動入力サービスをGoogleにする必要があります。1Passwordなど別サービスを設定している場合は使えません。

今回のアップデートでもっとも役立ちそうなのが、Androidのメッセージアプリにおけるスケジュール送信です。Android 7以降で利用可能になり、すでに展開が開始されています。メッセージアプリで本文を入力後、送信ボタン(紙飛行機のボタン)を長押しすると送信スケジュールを設定可能です。すぐに見てもらえるよう、相手が起きている時間にメールを送信。あるいは、誕生日や記念日に合わせて送れるよう、あらかじめメールをスケジュールしておくといった使い方ができます。

TalkBackは、ユーザー補助のためのスクリーン読み上げ機能ですが、音声フィードバックやジェスチャー操作などが改善され、より使いやすくなるとのこと。このアップデートのため、視覚障害者や弱視コミュニティと緊密に連携してきたとしています。

Googleアシスタントもアップデートされ、設定で「ロック画面でのアカウントに基づく情報」を有効にしておくと、スマートフォンがロックされている場合でも、音楽再生やメッセージ送信などを音声で操作可能になります。

Google Assistant
Google

Googleマップのダークテーマ対応は以前からうわさになっていました。設定からダークテーマを有効にすることで、少なくとも有機ELディスプレイのデバイスでは省電力化も期待できます。

最後にAndroid Autoのアップデートですが、壁紙のカスタマイズに対応するほか、雑学クイズなど音声で楽しめるゲームが利用可能になるとのことです。また、起動画面に連絡先や天気の確認、エアコンの調整などができるショートカットも追加されます。このほか、広い画面を備えた車の場合には、画面分割でより多くの操作が可能になります。

Android Autoのアップデートは、Android 6.0以降で数日中に利用可能になるとのことです。

Source: Google