Android端末で特定の画像を壁紙にすると起動不能になる不具合

発生しない端末もあります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月1日, 午後 01:00 in Android
0シェア
FacebookTwitter
Android SoftBrick

Android端末で特定の画像を壁紙として設定すると、ロック画面がONとOFFと繰り返し、端末が利用出来なくなる、いわゆるソフトブリック状態になる不具合が報告されています。iPhoneでは以前、特定の文字列を受信するとアプリがクラッシュする不具合がありました、ただ、今回のAndroidの不具合では、症状が発生するとセーフモードから起動して問題の画像を削除する、あるいはブートローダーを起動して端末を初期化しないと回復しません。

問題の画像は、未公開情報などを事前に公開することで知られている有名リーカーのIce Universe氏がTwitterに投稿したもの。「特にSamsung端末のユーザーは、この画像を壁紙に設定しないでください」との警告で投稿されたものですが、Android Authorityや9to5Googleによると、Samsung端末以外でも、Google、OnePlus、Nokia、Xiaomi端末で発生しているようです。

その後、9to5GoogleのDylan Roussel氏の検証により、Androidの色空間の処理に起因する不具合の可能性が指摘されています。Androidでは色空間としてsRGBを推奨していますが、問題の画像はRGBを使用していました。なお、Android 11では、色空間を変換する処理が組み込まれており、不具合は発生ないとのことです。

すべてのAndroid端末で発生するわけではなく、HUAWEI端末やOnePlus Luncherを利用しているOnePlus端末では問題はないようです。これは、壁紙をランチャーのみに適用し、OS側の変更を行っていないためと考えられます。

なんにしろ、見ず知らずの人から送られてきたり、出所不明な画像をむやみに壁紙に設定するのは避けるべきという、当たり前のことを再認識させる不具合ではあります。Android 11では対応済みとのことなので、いずれ、セキュリティ更新などで、それ以前のAndroidにもパッチが配信されるかもしれません。

source: Ice Universe(Twitter), 9to5Google, Android Authority

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android, Google, smartphone, mobile, BUG, wallpapers, news, gear
0シェア
FacebookTwitter