あつまれ どうぶつの森 HPP
Nintendo

『あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15』で無料アップデート Ver.2.0と同時に発表されたのは、新しい舞台と遊び方が加わる有料の追加コンテンツ『あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス』でした。

『あつまれ どうぶつの森』本編は虫や魚をコレクションしたり、インテリアや島の整備に凝るなどプレーヤーそれぞれの気ままな暮らしを楽しめますが、『ハッピーホームパラダイス』ではなんと定職に就くことに。

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

リゾート地の別荘開発を手掛ける「タクミライフ」のスタッフとなり、クライアントの要望に応えて別荘の立地から外装・内装、庭などをコーディネートしてゆきます。

ニンテンドー3DSで発売されたスピンオフ作品『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』を発展させ、『あつまれ どうぶつの森』の拡張にしたような追加コンテンツです。

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

舞台はリゾート地の「諸島」。プレーヤーはDALの飛行機で「出勤」します。

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

働くことになった「タクミライフ」。

(支払いは独自のトークン、使途は同じタクミライフ社内で販売する物品の購入という、純真なお子様には少し配慮の必要がありそうな労働環境です。)

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

基本的な流れとしては、クライアントとなるどうぶつが別荘に求めるイメージを聞き取り、立地やインテリア・エクステリアを整備して納品します。

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

舞台となる諸島は地形・気候・植生もバラエティに富んでおり、クライアントのイメージにあわせた立地の選択も必要です。

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo
どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo
どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

コーディネーターとしての経験を積むうちに、新要素である仕切り壁や柱、環境音、ライト調整、部屋の広さカスタマイズなどが使えるように。

仕切り壁は広い部屋を区切るレイアウトができるほか、趣味の合うクライアントどうしが同居する「ハウスシェア」を提案することも。

環境音は自然の音や都会の雑踏、カフェのような話し声、工事の音などから選択可能。照明の調光・調色とともに、テーマにあわせた別荘の雰囲気を演出します。

柱や仕切り壁は、自分の島の自宅でも利用可能になります。

ソーシャル要素「ツクッター」

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

「ツクッター」はこんなトータルコーディネートをした!という施工例をシェアしたり参考にするための機能。ほかのプレーヤーが公開した事例を実際に見学して参考にしたり、自分の施工例をインターネット上のショールームとして公開できます。(公開・訪問には Nintendo Switch Online加入が必須)

公共施設や店舗の施工も

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

どうぶつたちの別荘を作る依頼のほかにも、学校やレストランなど大規模な施設をコーディネートすることもできます。

完成した施設はどうぶつたちに利用してもらうこともでき、リゾート諸島全体の開発に貢献します。

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

指定したどうぶつを生徒にしたり先生にしたり、ウェイターにしたり。

 

どうぶつの森 Aninal Crossing HPP
Nintendo

みやげものを買って自分の島の住民に贈ることで、諸島へ招いて別荘の提案をすることも。すごい営業です。さらに amiibo を使えば、しずえなどのキャラクターの別荘も作れます。

『あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス』の価格は2500円。またはNintendo Switch Online + 追加パックに加入すれば、追加特典の一部として無料で利用できます(加入期間のみ、加入ユーザーのみ)。

『あつまれ どうぶつの森』最後のコンテンツ追加は超大型更新。11月5日にVer.2.0配信

Nintendo Switchストア(Amazon)