アンカー、冷却ファン内蔵バッテリーを発売 税込3990円

充電中はLEDが光る

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年08月14日, 午前 06:15 in anker
0シェア
FacebookTwitter
Anker PowerCore Play 6700
Anker PowerCore Play 6700

アンカー・ジャパンは8月13日、冷却ファンを内蔵したモバイルバッテリー「Anker PowerCore Play 6700」を発売しました。価格は3990円(税込、以下同じ)です。Amazonでは最初の100台に限り、10%オフの3591円で販売しています。

冷却ファンを内蔵したことで、スマートフォンの過熱を防ぐことが可能。バッテリー本体の発熱を最大30%抑えられると言います。

Anker PowerCore Play 6700

デザインについては、人間工学に基づきゲームコントローラーのような筐体に仕上げており、充電しながらグリップを握った状態でゲームをプレイできます。ちなみに、スマートフォンの充電時に左グリップのLEDが光ります。

スマートフォンをセットする部分の横幅は、約14.5〜16.4cmの間で調節可能。スタンドも備えているため、スマートフォンを立てかけられるのもポイント。動画鑑賞に適した設計と言えるでしょう。

Anker PowerCore Play 6700

バッテリー容量は6700mAhで、15W出力のUSB Type-Cポート(5V/3A)と、12W出力のUSB Type-Aポート(5V/2.4A)を搭載。「iPhone 11」や「Galaxy S10」などを1回以上充電できます。また、10W出力の充電器を使用することで PowerCore Play 本体を約3時間でフル充電できます。

サイズは約169 x 88 x 38mm、重さは約236gです。


source:アンカー・ジャパン , Amazon


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: anker, Anker PowerPort, game, mobile battery, Battery, gadget, gadgetry, accessories, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents