Anker io data
Anker

アンカー・ジャパンは10月29日、アイ・オー・データとの協業により、AnkerのプロジェクターブランドNebulaシリーズにおいて、テレビ視聴が可能になったと発表しました。

対応するプロジェクターはAnkerのAndroid TV搭載スマートプロジェクターで、現行製品ではNebula Capsule IIが利用可能。11月に発売されるNebula Cosmos MaxとNebula Cosmosでも利用出来るほか、今後登場するAndroid TV搭載モデルでも利用可能になるとしています。

アイ・オー・データ側の機器は、録画テレビチューナーのREC-ONシリーズが対応。テレビチューナーをWi-Fiに接続し、同じWi-Fiに接続したスマートフォンにREC-ON Appをインストールし、テレビの再生先として、同じく専用アプリのREC-ON castをインストールしたNebulaプロジェクターを指定します。

プロジェクターとテレビチューナーが直接通信するわけではなく、途中にスマートフォンを挟んで、そこからキャストする形です。キャスト後はスマートフォンのアプリはバックグラウンドでも動作しますが、チャンネル変更などはスマートフォンアプリから行う必要があります。

REC-ON cast
I-O data

REC-ON cast自体はすでにFire TVなどでも利用出来ますが、持ち運べるプロジェクターで利用可能になったのは大きなアップデートでしょう。リビングはもちろん、キッチンや寝室など普段テレビを置いていないところでも気軽に映画やドラマを楽しめそうです。

source: Anker, I-O DATA