中国Ankerは新型ワイヤレスイヤホン「Liberty 2 Pro(第2世代)」の国内販売を開始しました。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty 2 Pro at Amazon

前モデルの「Liberty 2 Pro」では、バランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した同軸音響構造「A.C.A.A」を採用。このサウンドシステムは、Liberty 2 Pro(第2世代)にも引き継がれています。

さらにLiberty 2 Pro(第2世代)では、ワイヤレスオーディオ用コーデックとしてソニーが開発した「LDAC」に対応。これにより、ワイヤレスイヤホンながらハイレゾ再生に対応しています。一方で、前モデルにて利用できた高音質コーデック「aptX」への対応は省略されています。

Liberty 2 Pro(第2世代)では、外音取り込みモードを追加。必要に応じてイヤホンを装着しつつ、会話やアナウンスをより聞き取りやすくすることが可能です。耳の形にあわせて独自のプロファイルを作成する「HearID」はバージョン2へと進化しました。

満充電状態だとイヤホンのみで最大7時間、ケース込みで最大26時間の利用が可能。15分の充電で約3時間利用できる急速充電機能も備えています。本体ケースはUSB Type-Cケーブル、あるいはワイヤレス充電が可能です。

Liberty 2 Pro(第2世代)の価格1万3980円で、Amazon.co.jpにて販売中。前モデルから1000円の値上げとなりましたが、LDACによるハイレゾ再生への対応を考えれば、十分リーズナブルなアップグレードといえそうです。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty 2 Pro at Amazon

Source: Amazon