image

Amazonにてタイムセール祭りを5月25日23:59まで実施中です。本記事ではおすすめのセール対象製品をご紹介します。本記事では過去に公開したジュンヤマグチさんによるレビューを再びお届けします。『Anker PowerHouse 100』は3910円 (28%)OFFの9990円にて販売中です。

Amazonタイムセール祭り

PowerHouse 100(Amazon)

EngadgetのAmazonタイムセール祭り記事

Ankerから27,000mAh / 97.2Wh 出力45Wの充電器付きのポータブル電源『PowerHouse 100』は普段から持ち運ぶことのできるサイズ感ながら、MacBook Airを一回以上、iPhone 12を約5回以上充電出来るとしています。

image

写真左が『PowerHouse 100』ハードカバータイプの書籍くらいですね。重量も約862gとそれなりに重いです。ポータブル電源として考えるとコンパクトな部類に入りますかね。

image

可搬性は、筆者の普段使っているメッセンジャーバッグのサイドポケットにすっぽりハマるサイズでした。もちろん重さ的にかさばったりはしますが、省スペースであるということはなによりの強み。このサイズ感でAC電源を持ち運べるのは今の所珍しい存在でしょう。

image

充電用アダプターをつないで本体の充電を行う感じですね。ここで注意点なんですが、本体とアダプターは必ず両端がType-Cのケーブルで接続する必要があります。まぁ付属もしてますしめちゃくちゃ珍しいものでもないですが。

image

こちらがポート。USB-C×1/USB-A×2/AC×1となっています。 非常時にライトとして活用も可能。

詳しいスペックは

USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=2.25A (最大45W) AC:110V ~ 0.91A, 60Hz, 100W (瞬間最大125W) USB-A:5V=3A (各ポート最大12W / 合計最大15W) USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=2.25A (最大45W)

最大出力は160W(4ポート合計)、バッテリー容量は27,000mAh / 97.2Wh。

image

なんと言ってもこの製品、MacBook Airならこの製品のみで対応できちゃいますからね。急な充電必要なシーンにも対応可能。20分ほどの充電で10%ほど充電できますから充電ペースもじゅうぶん。しかしながらこの20分で充電ランプが一個減っていたところを見ると、一回以上の充電には対応出来なさそうですね。容量的にはじゅうぶんとは言いにくいかもしれません。

仕事中に試用してみましたが個人的には駆動音などは感じないほどでした。冷却作用は少し弱め。ちょっと熱くなりやすいですね。

image

ACポートもあるのでこんな風にギターアンプを繋ぐことも可能。このアンプは自宅用の5W出力なので駆動もバッチリ。普段は自宅のタコ足に繋いでいるんですが、こんな風に余計なものを繋いでいないので気持ちノイズが軽減されました。給電の不安定さもなく音切れ等も感じませんでしたね。

ですがここで大きな落とし穴が。こちらの製品、消費電力を抑えるためにACポートに接続する機器の必要電力が30分以上10Wを下回る場合に電源が自動的にオフになります。試奏の途中でちょっと休憩していたら電源が切れていました。エコ仕様なのかもしれませんが路上ライブなどで使ってみよう、というには不安がありますね。音楽機材を動かすには向いていないと思います。

image

充電ポート数的にはこんなことも可能。ちょっとこの状態でガンガン使える感じではありませんが。

以上、気にかかる部分もありますが、不安定な動作はなくポータブル電源としてのコンパクトさも魅力。非常時に備えておくことも出来ますし、キャンプやフェスなどで外に泊まるとき、対面の会議などでPC充電出来る環境がない!なんてときにも活躍しそうですね。出先でモバイルバッテリーでは心もとない...なんてお悩みの方はチェックしてみてください。

Amazonタイムセール祭り

PowerHouse 100(Amazon)

EngadgetのAmazonタイムセール祭り記事