Engadget

充電アクセサリの Anker が、不要なモバイルバッテリーを店頭に持ち込めば新製品が300円オフになる「モバイルバッテリー下取り&買い替えサポート」サービスを開始しました。

対象は Anker 製品のみですが、箱や付属品がなくても、故障していても、中古で買ったり保証外でも受け付けます。

Anker

持ち込みを受け付けるのは全国の Anker Store のみ。

・渋谷パルコ

・越谷レイクタウン

・横浜ジョイナス

・ららぽーと横浜

・梅田ロフト

・ららぽーとEXPOCITY

・エディオンなんば

・エディオン京都四条河原町

・博多マルイ

・天神地下街

近隣にあればああそういえば増えたな、なければAnkerって店舗あるの?という全国10店舗ですが、今後新たに展開する店舗でも実施します。 小さなAnker製品コーナー Anker Store Select は対象外。

割引の細則は、1会計につき1個300円まで、当日のみ、持ち込んだ店舗で販売中の製品のみ、セール品は対象外など。廃品を100個持ち込んでも3万円オフにはなりません。またモバイルバッテリーの分類ではないポータブル電源 Anker PowerHouseシリーズも対象外。

Anker

スマホの一般化につれてモバイルバッテリーの品質が向上し容量が増えたことで、以前のようにすぐヘタって買い替えを強いられることは減りましたが、逆にいつまで経っても使えてしまうため、ユーザーによってはもっと良い新製品があっても買い替えに踏み切れないこともあります。

新製品のたびに買い足して部屋が火薬庫になっている人にも、永久に旧製品を使っていて買い替えの恩恵が大きいユーザーにも良いサービスです。

このほか特に新製品を買わなくても、回収のみしてもらうことも可能。こちらの対象もAnker製品のみです。

リチウムイオン電池の捨て方やリサイクルが分からない場合には便利ではありますが、わざわざAnkerに出向かなくても、家電量販店の多くは以前からメーカー問わず回収BOXを設置してリサイクルに努めています。

Engadget

Anker製モバイルバッテリーの回収といえば、2017年の6月から10月にかけてポケモンセンターやAmazon等で販売されていた「モンスターボールモバイルバッテリーAnker 10000mAh」については、販売した株式会社ポケモンが自主回収を実施しています。

焼損事故が2件報告されたことから、第三者機関の検証を経ても原因は特定できず製品の瑕疵(かし)も認められていないものの、再発防止の観点で自主回収を決定したものです。こちらは自主回収・返金受付けフォームから連絡して返送すれば全額返金になります。

ポケモン「モンスターボール型モバイルバッテリー」自主回収・返金へ。2件の焼損報告