▲Soundcore Liberty Air 2 Proの主な仕様

アンカー・ジャパンは、機能面でアップル「AirPods Pro」に似たアクティブノイズキャンセル対応の完全無線イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」をECや家電量販店などで本日(1月20日)国内発売しました。直販価格は税込1万2980円です。

「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、Anker初となるアクティブノイズキャンセル対応の完全無線イヤホンです。

イヤホンの内側と外側に1つずつマイクを搭載し、「屋外 / 交通機関 / 屋内」の3つのモードから最適なノイズキャンセリングを選択可能。また、外音取り込みモードも搭載し、音楽を聞きながら会話や公共施設のアナウンスも聞き取れます。

在宅勤務の広がりで増加するオンライン会議のニーズにも対応。ノイズリダクション機能を搭載した6つのマイクを搭載し、周囲の雑音を除去しつつ、ウェブ会議などで音声を鮮明に伝えられるといいます。

イヤホンはタッチパッドを備え、着信の応答や音楽の再生・停止・曲送り、ノイズキャンセリングや外音取り込みの切替も可能です。

充電ケースはワイヤレス充電(Qi規格)に対応。底面にはUSB-C端子も備えます。バッテリー持続時間はノイズキャンセリングを有効にした場合で、イヤホン単体で最大6時間、充電ケースを併用しながらで最大21時間です。

製品の主な仕様は下記の通りです。

▲Soundcore Liberty Air 2 Proの主な仕様

税込9990円に抑えた「Soundcore Life A2 NC」も同時発売

Ankerはこのほか、同じくアクティブノイズキャンセリングに対応しつつ、価格を税込9990円に抑えた「Soundcore Life A2 NC」も同時発売します。

engadget

「Soundcore Life A2 NC」は、「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と同様に、屋外 / 交通機関 / 屋内の3つのシーンから選択できるノイズキャンセルや、外音取り込み機能を搭載。6つのマイクを使った通話時音声のノイズリダクションにも対応します。

本体にタッチパッドを備え、曲送りやノイズキャンセリングを切り替えられるのも「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と同様です。

11mmの大口径ドライバーを搭載し、力強い低音を表現可能。なお、「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と異なり充電ケースはワイヤレス充電には非対応です。

▲「Soundcore Life A2 NC」の主な仕様

Source:アンカー・ジャパン