Apple TV 4K 2021

アップルが、ウワサのApple TV 4Kの新世代モデルを発表しました。米国価格は179ドルから、予約開始は4月30日から、出荷は5月後半予定となっています。

Apple TV 4K 2021

日本での価格は、32GB版が2万1800円(税込)、64GB版が2万3800円(同)。消費税を抜いてドル円レートを計算すると、約110円前後となる換算です。

SoCをA12 Bionicに強化し速度アップ。高フレームレートの4K動画も再生可能に。リモコンも新型とし、iPodのクリックホイールを連想させる丸型タッチパッドを搭載し、操作性を向上しています。

さらにiPhoneと組み合わせた自動画質調整+カラーキャリブレーション機能を搭載するなど、これまでにない機能も搭載しています。


Apple TV 4K 2021

メインとなるビデオ再生機能の特徴は、「高フレームレート」のHDR(ハイダイナミックレンジ)映像ソースに対応した点。これにより、対応する動画サービスなどにおいて、より滑らかかつ明暗がリアルな動画を楽しむことができます。

なお、動画サービスとしてアップル側が挙げているのは、FOXスポーツ、NBCユニバーサル、パラマウント+、レッドブルTV、Canal+など。60fps動画の要求度が高いスポーツ系を得意とするサービスが紹介されています。

気になるハードウェア側のフレームレートやHDR映像フォーマットの制限に関しては、公式リリースでは60fps(=秒間60コマ)のストリーミング動画と、ドルビービジョンHDR映像に対応している点を表明しています(ただし、ハードウェア的にはより高速なフレームレートにも対応していても不思議ではないため、「高フレームレート」という表現になっているものと思われます)。

もちろん、HDR動画の収録という点でも注目された、iPhone 12シリーズとの連携もバッチリ。iPhone 12 Proで撮影された「4K/60fps/ドルビービジョン」仕様の動画が再生できる……のみならず、AirPlayの仕様も拡張されたため、ワイヤレス接続でも再生に対応します。


Apple TV 4K 2021

そして、技術的に見た最大の特徴となるのが、画質調整システム。iPhoneと組み合わせることにより、コンシューマー用AV製品レベルでは異例とも呼べる「iPhoneのカメラを色センサーとする、カラーキャリブレーション」を実現しています。

これは、映像制作者側の理想である「制作時に意図した画質や色に近い(=作品にとってのベストな)設定で見てほしい」という要望を、実際の画質設定が千差万別とも呼べる市販のテレビやディスプレイで実現すべく考案されたもの。

さらにこの画質調整は、Apple TV 4K側の設定となるため、基本的にはテレビ側の画質設定を操作することなく可能。イベントで公開された手順を見る限り、ユーザー側の手間は、基本的に「画面上の指示された箇所にiPhoneのフロントカメラを貼り付けるだけ」でした。

つまり操作は、一般的なテレビの画質調整よりもむしろ楽になります。この点も大きなポイントです(当然画面が真っ暗などでは調整自体が不可能になるため、ある程度は、となるはずですが)。

なお対応するiPhoneは、「iOS14.5以降を実行している、FaceIDを備えたiPhone」とのこと。また「これらのソフトウェアアップデートは来週利用可能になります」との紹介もあります。


Apple TV 4K 2021

もう一つの注目点は、形状から一新されたリモコン『Siri Remote』。名称は現行モデルと変わりませんが、ボタンなどの配置などは大きく変更されています。

今回の主役となるのが、円形となったクリックパッド。これはiPod Classicのクリックホイール的な操作に対応しており、(一般的な)タッチパッドや上下左右のボタンとしても動作するのみならず、縁に沿って指を動かすとコマ送りなどが可能な、いわゆる「ジョグダイヤル」操作にも対応します。

合わせて、Siriのボタンは右側面側に移動し、さらにテレビ側の電源やミュート(消音)ボタンも備えられるなど、レイアウトも一新されています。

基本仕様の点では、SoCがA12 Bionicへと刷新された点が目玉。同SoCはiPhone XS/MaxやXR、第8世代無印iPadに搭載されている、実績豊富なモデル。

現行のiPhone 12系がA14と考えるとそれなりに年月が経っているようにも思えますが、スマートフォン用として見てでさえ、現在でもかなりの速度を備えるチップ。ひいては(いわゆる)セットトップボックスのSoCとして見れば、トップクラスの処理速度を備えており、現行モデルのA10X Fusionと比べても大幅な速度アップとなります。


Apple TV 4K 2021

このように新Apple TV 4Kは、基本性能の大幅な底上げにより、操作の快適さや高フレームレート動画への対応といった、現行機の弱点を大幅に強化したモデルと呼べる存在。

さらに「Face ID搭載の」iPhoneが必要になるとはいえ、色較正(カラーキャリブレーション)までにも着目した画質調整機能など、ビデオ機器としては画期的とも呼べる機能も搭載しているのがポイントです。

近々モデルチェンジがありそうとのウワサで待っていた方などは、これであれば購入に踏み切っても良いのでは、と思えるだけの実力を備えたモデルと呼べそうです。

関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ。7色カラバリ新iMac、M1搭載iPad Pro、落とし物トラッカーAirTagなど

Source::アップル公式ページ(日本語)