新型コロナ『接触確認アプリ』 7月3日より通知開始

本領発揮

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年07月2日, 午後 11:40 in Covid-19
0シェア
FacebookTwitter

厚生労働省は「接触確認アプリ」(COCOA)について、陽性者と接触した可能性がある人に通知する機能を7月3日から有効化します。

同アプリは、インストールしたユーザー同士の濃厚接触をBluetoothを用いて検知するもので、濃厚接触の定義はおおむね1メートル以内に10分。接触データは端末内に14日間保持されます。

アプリを利用している人が陽性者となった場合、陽性者本人が同意の上で、保健所から発行される処理番号をアプリに入力すると、過去14日間に接触の可能性のあった人に通知が届きます。

これまで、アプリの不具合から通知機能の提供を見合わせていましたが、6月30日にiOS、7月1日にAndroid向けに修正版の配布を開始し、7月3日より運用を開始できることになりました。接触絵検知は6月19日以降の過去14日間までさかのぼって通知します。

なお、接触確認アプリは6月19日の公開から1か月間は試行版としていて、引き続き、デザインや機能の修正を予定します。

Source:厚生労働省

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Covid-19, news, gear
0シェア
FacebookTwitter