iPhone

アプリが増えてホーム画面が見づらくなってしまう。アプリを削除したくないけどすっきりさせたい。そんなときにはiOS 14で追加された「Appライブラリ」を徹底活用すれば、”スマートな”スマホライフが実現します。

ホーム画面にあるアプリをAppライブラリへ移動させて削除できます。移動させることで、ホーム画面が見やすくなります。また、新たにインストールしたアプリをAppライブラリのみに追加する設定も可能です。今回は、「ホーム画面に余計なアプリを置かない」を合言葉に、「Appライブラリ」を活用する方法をご紹介します。

「Appライブラリ」で検索

まずは「Appライブラリ」を使ってみましょう。ホーム画面を左にスクロールしていった最後の画面に「Appライブラリ」があります。カテゴリ別に自動分別されていて、下方向にフリックすると、検索窓が表示されアプリの検索ができます。

▲「Appライブラリ」で下方向にフリックする(左)。検索窓が表示されアプリの検索ができる(右)

ホーム画面のアプリを「Appライブラリ」に移動させる

ホーム画面にあるアプリが多くなってきたら、「Appライブラリ」に移動させてホーム画面から削除しましょう。「Appライブラリ」で自動分別され、ホーム画面がごちゃごちゃすることがなくなります。

移動させたいアプリを長押しし、「Appを削除」をタップします。続けて「Appライブラリへ移動」を押せば完了です。

▲移動させたいアプリを長押しし、「Appを削除」をタップ(左)。「Appライブラリへ移動」を押す(右)

新規ダウンロードアプリを「Appライブラリ」のみに追加する

新たにインストールしたアプリを「Appライブラリ」のみに追加する設定ができます。ホーム画面からいちいち移動させるのが面倒な人はこの設定をしてみましょう。

「設定」アプリを開き、「ホーム画面」をタップします。そして「Appライブラリのみ」を選択すれば、これからインストールするアプリは「Appライブラリ」に追加されます。

▲「設定」アプリを開き、「ホーム画面」をタップ(左)。そして「Appライブラリのみ」を選択(右)

アプリを「Appライブラリ」のみに追加する設定画面で、通知バッジを表示することもできます。「設定」アプリ、「ホーム画面」を順に押し、「Appライブラリに表示」をオンにすると、通知バッジが出るようになります。