iPhone Tips

iOS 14.5では、アプリが他のアプリやウェブサイトを横断してユーザーの行動を追跡(トラッキング)するのに許可が必要となりました。そもそもトラッキングは、ユーザーの情報を基に、マッチするであろう広告や関連記事を表示するためのもの。トラッキングを許可しなければ、そうした自身の情報は提供されなくなります。

iOS 14.5インストール後にアプリを起動すると「許可しますか?」という画面が表示されますが、あとからアプリごとに設定することもできます。それでは手順を紹介します。

「プライバシー」で設定する

トラッキングの設定は「プライバシー」で行います。「プライバシー」には「トラッキング」という項目があるのでこれをタップしましょう。

iPhone Tips
▲設定を開いて「プライバシー」をタップ(左)。続けて「トラッキング」をタップ(右)

すると、トラッキングの許可を求められたアプリが一覧で表示されます。トラッキングを許可しないアプリをタップすると、トラッキングをオフにできます。

iPhone Tips
▲アプリが表示される。トグルをタップしてトラッキングをオフにしよう

また、すべてのアプリでトラッキング要求を不可にすることもできます。以前に許可しているアプリもまとめてトラッキングをオフにできます。

iPhone Tips
▲「Appからのトラッキング要求を許可」をタップしてオフに。「Appにトラッキングの停止を要求」をタップすると、以前に許可したアプリもトラッキングをオフにできる

アプリごとに設定可能

また、トラッキングはアプリごとの設定でも変更できます。アプリ一覧からアプリを選択し、「トラッキングを許可」をタップしてオフにしましょう。

iPhone Tips
▲設定のアプリ一覧でアプリを選択(左)。「トラッキングを許可」をタップしてオフにする(右)

Gallery: あとからでも変更可能! アプリのトラッキングをオフにする方法:iPhone Tips | of 5 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>