AppleはiPhone 12シリーズで復活したマグネットでピタッとする規格「MagSafe」対応製品をいくつか自らリリースしていますが、中には誰も予想できなかった奇妙なアイテムがありました。そのひとつは、なんといってもコチラでしょう。

カードケースをiPhoneの背面にピタッとくっつけられる「レザーウォレット」。4色あり各6800円(税別)
そして、もうひとつが古代潜水服のようなコチラ「レザースリーブ」。各サイズ用、各4色あり価格は1万4800円(税別)

関連: iPhone 12 シリーズ対応レザースリーブが購入可能に

写真はMax用で、カラーはパルティックブルー。ほかにピンクシトラス、サドルブラウン、(PRODUCT)REDの4色があります
背面。カメラ部分がモッコリしています

内部にMagSafeのマグネットがあり、固定されると同時にNFCで本体を認識するしくみです。スルッと落ちたりする心配はありません。

同色のループバンドが付属
金具で留めるしくみ
手を通す輪をつくってから、スリーブ本体に通します
このような感じに
しっかり留まっています
iPhone本体は裸の状態で入れます
ケースに入れた状態でスリーブには入りません。かなりタイトなので、薄手のケースでも難しいでしょう
時計の表示色は、スリーブのカラーによって異なります。しばらくたつと消えますが、窓の部分をタップすると再表示されます
一部、着信通知にも対応しています

MagSafe対応製品と互換性があります。

充電だけでなく、レザーウォレットを張り付けることも可能

カードも収納できます。

スリーブ自体にもカード収納スペースがあります
こちらは1~2枚くらいかな。レザーウォレットと合わせて5枚くらい持ち歩ける感じです

Appleはスリーブケース好きで、MacBookやiPad用には出していたので、さほど突拍子もないアイテムでもないかもしれませんが、iPhone X以降は純正の手帳型ケースが出ていたので、まさかこうくるとは思いませんでした。なにせ装着したまま使えませんので、iPhoneを裸で使いたい人が、持ち歩き用に使う感じでしょうか。

スピーカー部が空いているので、着信やSiriの音声は聞き取れますが、装着したまま使うには限度があります

ケースとしては高価ですが、ヨーロピアンレザーを使用した、たいへん上質な質感ですし、Appleファンはコレクションしておくといいと思います。

関連: やっと出たApple純正 MagSafeデュアル充電パッド実機レビュー