MacBook Pro
Apple

デザインが一新された14インチMacBook Proおよび16インチMacBook Proが、まもなく発表される可能性が高いと噂されています

そんななか、現行の16インチMacBook Pro用に設計された「Apple 96W USB-C電源アダプタ」が日米ほか多くの国の公式オンラインストアで出荷予定が2~3か月になっていることから、後継モデルの発表が間近に迫っているとの推測が浮上しています。

記事執筆時点では、日本オンラインストアでの納期は2~3か月。米MacRumorsによれば、この状態は8月から続いており、その後に出荷の遅れが他の国にも広がっているとのことです。

shipment

上記のように14インチと16インチMacBook Proの新型が2021年後半に発売されると予想される一方で、世界的な半導体不足も改善する兆しもなく続いています。よって96W電源アダプタの出荷遅延も新製品の発表待ちのためか、それとも単純に部品がなくて生産できないためか、本当の理由は不明です。

しかし小型の20Wや30W、61WのUSB-C電源アダプタについては、日米とも出荷の遅れは生じておらず、やはり「16インチMacBook Pro用の別売電源アダプタだけ欠品」という状況が浮かび上がります。

Apple Authorized Reseller(家電量販店等とアップルとの正規販売店代理契約)の関係者がMacRumorsに伝えたところによると、彼らのディストリビューター(卸売業者)は現在96W電源アダプタの在庫がないとのことで、複数の経路で大幅な品不足に直面していることが示唆されています。

次期14インチMacBook Proについては、M1チップを強化した「M1X」プロセッサや高輝度かつ高コントラストのミニLEDディスプレイを採用。ほかHDMIポートやSDカードリーダー、磁気式のMagSafe充電コネクタが追加され、賛否両論あったTouch Barが廃止されて物理ファンクションキーが復活すると噂されています。

さらに14インチと16インチが同じCPUを搭載し、ディスプレイの広さを除けば同等の性能との予想もあり、新型14インチ用の電源アダプタも16インチと共通なのかもしれません。

 

Source:Apple

via:MacRumors