AirPods Max

日本でも12月18日に発売されるAirPods Max。先日、実機インプレを掲載しましたが、今回はその続報、深掘りレビューをお届けします。

Apple製品とともに使った場合の接続性の良さは、すでにAirPods Proなどでもお馴染みですが、AirPods Maxではさらにその切り替えがスムースになっていました。

具体的には、頭にAirPods Maxをセットすると、Apple ID登録済みかつペアリングされているすべてのデバイスがAirPods Maxの存在を認識してくれます。これまでも切り替えはスムースでしたが、さらに一歩踏み込んだ形です。

iPhoneでAirPods Maxを使ったあと、再び装着すると自動で電源が入ってiPhoneと接続されるのはもちろんですが、同時にiPad上にもヘッドホンマークが現れます。そのままシームレスに切り替えてiPadで音を楽しめます。さらにMac上では「近くにAirPods Maxがあります」とポップアップしてくれ、簡単なマウス操作で切り替えることが可能。他のAppleデバイスに接続されているときにも、メニューバーの音量アイコンをクリックすると現れるドロップダウンメニューにはAirPods Maxが出力先として表示されますから、選ぶだけで音声出力を切り替えられます。

ちなみにBluetoothさえ使えればどんな機器からでもAirPods Maxに接続はできます(ノイズキャンセリングモードを切り替えるボタンを長押しするだけ)が、将来的なアップデートなども含めて考えるならば、基本的にはApple製品の周辺デバイスだと考えるのが良いでしょう。

ともあれ一番肝心なのは恐らく音質ですよね。まずは基本的なハードウェアの機能やフィーリングに触れた後、音質について掘り下げていくことにしましょう。

関連記事:

アップル AirPods Max 実機インプレ。従来とは異なる評価軸のヘッドホン

Apple AirPods Max (Amazon)

高品質な素材感と心地よいフィッティング

オーバーイヤー型のヘッドホンは、耳を覆ってしまううえ、質量もそれなりに重いため、フィッティングの良し悪しが重要なポイントです。

AirPods Max

AirPods Maxはイヤーカップ上部のボールジョイントでヘッドバンドとカプリングされています。このため一般的なY字型サブフレームでイヤーカップをスイングさせる製品よりも、頭の形状にフィットさせやすく感じました。

回転とスイングのメカを、一つのボールジョイントに集中させるため、強度や耐久性を心配する方もいるでしょうが、ステンレスで作られたヘッドバンドとジョイント部は、使っていても安心感を覚えるしっかりした感触です。

AirPods Max

アルミ削り出しのイヤーカップを含め、経年変化で使用感が増しにくい素材が採用されていますが、消耗部品であるイヤーパッドなどの質感も良好です。

AirPods Max

メッシュ素材のイヤーパッドは、形状記憶フォームが用いられ、マグネットカプリングで本体に装着されています。真夏にどう感じるかは想像するほかないのですが、現時点での装着感は爽快。AirPods Maxを装着して一日、都内を移動していても、不快感はありませんでした。

ちなみに私はメガネをかけていますから、メガネユーザーでもフィッティングで残念な印象を持つことはないと思います。

AirPods Max

ヘッドバンド部を頭で支える部分がメッシュ素材なのも、快適性に良い影響を与えています。通気性が良いのは当然ですが、伸縮性のあるメッシュが圧力を分散し、本体の重さによる不快感を緩和してくれます。

ほんの数日使っての感想ですが、一回の充電で20時間の再生というスペックは控えめで、少なくとも一日中は音楽を楽しめるスタミナがあると感じています。感じているとしか書けないのがもどかしいのですが、定量的な評価を短時間に行えないほど、バッテリが長持ちしてくれます。

AirPods Max

付属のソフトケースに収納すると超低電力モードに入るのですが、そうしなくとも問題なく使いこなせます。ケースでの超低電力モードは、ほとんどバッテリが減らない実質上の電源オフに近い扱いなのでしょう。

本体の省電力機能は、イヤーカップ内の光学センサーとヒンジ部の歪みセンサーで、頭に装着されていない時には常に自動で省電力モードに入ってくれます。この場合、12時間で5%ほど電力が減っていました。周囲の状況にもよると思いますが、なるべくケース内に入れておいた方が、バッテリには優しいようです。なお、保証期間外のバッテリ交換費用は8800円に設定されています。

直接のライバルは不在

使い始めたときはノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホンの標準機とも言えるソニーやボーズの最新モデルを比較対象にすべきだと考えていました。しかし、聴き始めてみると、そうした比較は的外れであると気づいたのです。

AirPods Max

AirPods Maxの搭載するドライバユニットは40mmの直径で、これはポータブル向けとしては最大級のサイズ。持ち歩きを想定していない有線型の高級機は、低域再生に余裕のある70mm(あるいはさらに大きな)大口径のドライバが用いられますが、持ち歩きも想定するならばこれは適切な設定だと思います。

同じワイヤレスで持ち運びを意識したソニー「WH-1000XM4」ボーズ「Noise Cancelling Headphones 700」がライバルになりますが、聴き始めるとAirPods Maxの音質はより高価な、そして大きなドライバを搭載する7〜10万円クラスのヘッドホンに近い印象です。

実際には圧縮されたAACエンコードの音楽信号をBluetooth経由で聴くのですから、本体とは別にヘッドホンアンプを用意して聴く有線型との比較にはあまり意味がありません。しかし、厳密な音の品位ではなく、音の質感、バランス、表現力などは有線ヘッドホンなどに近いと感じました。

とりわけ感心したのが低域の表現力。Appleは40mm径ドライバで質の高い低音を実現するため、一般的なスピーカー向けドライバユニットで採用例のあるツインリング型ネオジムマグネットを採用しています。これは大小二つのリングマグネットを組み立て、その隙間にボイスコイルを配置するというもので、強いトルクかつ高いリニアリティでダイアフラムを駆動できるようになります(一方で生産性は低いのではと予想されますが)。

この強力な磁気回路構成と、イヤーカップ内の音響特性を常にモニターしながら最適な状態に補正し続ける「アダプティブイコライゼーション」という処理アルゴリズムの組み合わせにより、40mm径にもかかわらず解像度が高く、深みのある低音を実現しているのです。

問題解決の手段と評価軸を変える第一歩?

AirPods Max

正直、このジャンルでは価格的にもAirPods Maxに近い製品はほとんどありません。ワイヤレス伝送でポータブルなノイズキャンセリングヘッドホンの中に、音質をさらに追求したハイエンドモデルが追加された印象です。先の見出しで直接のライバルがいないと顕したのは、そうした意図があってのことです。

一方でノイズキャンセリング能力は、先に挙げた業界標準の2モデルと同等の能力を備えていると感じました。

そうした強力なノイズキャンセリング、あるいはAirPods Proでも好評の外音取り込みモードをオンにしても、音質変化がほとんどありません。これはApple H1プロセッサを2個搭載することによる演算能力の余裕もあるのでしょう。

静かな部屋であっても、ノイズキャンセリングをオンにした方がより高い静寂感を得られ、音楽を楽しむための環境が整います。

AppleのHomePodはどんな場所に置いても自動的に周囲の音響特性をモニターしながら音を調整していきますが、AirPods Maxは耳の形、メガネの有無、頭の形の違いによる微妙なフィッティング、その時々の装着状態などの違いを吸収し、また周辺の環境ノイズも吸収した上で、音楽のみを高い純度で聴かせてくれます。

もちろん、外出先や交通機関の中でのノイズを緩和させることも目的の一つですが、極めて精度が高いがゆえに、視聴環境の平滑化としても、これらがうまく機能していると思います。もっとも、アダプティブイコライゼーションにしても、ノイズキャンセリング機能にしても、元がデジタル伝送だからこそのアプローチですよね。

ソニーもヘッドホン向けに独自のQN1というプロセッサを開発・搭載していますが、Appleも独自半導体を設計するチームを持っています。独自の強力なDSPと組み合わせるソフトウェアという、コンピュータ屋であるAppleの得意なフィールドでオーディオ製品の問題解決を行い、体験の質を高めるその第一歩として、現在、提供できる最も上位の製品として開発されたのがAirPods Max。これが最終的な僕の印象です。

毎日、持ち歩きながら使う、あるいは世界中を飛行機で飛び回りながら仕事をする(のはしばらくは難しそうですが)、そんな使い方には、もっとポータブルで気遣いなく使える、もう少し安価な製品の方が良いでしょう。

しかし、あらゆる製品がワイヤレス化している中、心地よく音楽を楽しむ(iPhone / iPadとの組み合わせで、Apple TVアプリを使えば映像向け音声も感動的に良い体験を得られます)上質なヘッドホン。これまでありそうでなかったジャンルを開拓しようとしたのは、得意なジャンルで商品力を高められる、勝負の土俵を変えられると考えたからではないでしょうか。

深みのある低音と、クセがなく伸びやかで透明感のある高域

AirPods Max

音の傾向は前回の記事でお伝えしたように、極めてニュートラルです。情熱的でもなく、よそよそしいわけでもなく、音楽が本質的に備える表現をそのまま伝えてくれます。

とりわけ低音の解像度は高く、コシのあるサウンドは、現代的なシンセベースを使った音作りとの相性が良いと感じました。同時にクセのない伸びやかな高域は歪みを極めて低いレベルに抑え込まれているため、よくある高調波歪みによるマスキング効果を感じません。

癖が乗らないため高域が弱いと感じる人がいるかもしれませんが、実は上の方まで綺麗に伸びています。音像もシャープで、濁りのないクリーンな音なのです。

これは編成の少ない室内楽で顕著です。後述しますが、例えば3本の楽器だけで演奏されるクラシックなどでは、それぞれの楽器の鳴り方やホールの心地よい残響が微細な領域まで感じられます。

実は聴き込んでいくと音質がどんどん良くなっていき、とりわけ低域の再現能力が高まっていくのを感じます。バーンイン(エージングとも言いますが)による音質の変化は、どんなヘッドホンにもありますが、AirPods Maxの変化はさほど大きくありません。

しかし、緩やかではありますが変化はしていくので、本来の音質になるまで数日は評価の結論を待った方がいいでしょう。

今回の評価に向いた曲をApple Musicのプレイリストとして公開しているので、まずはそちらを参照してみてください。

AirPods Max評価用プレイリスト (Apple Music)

以下、その中からピックアップして聴きどころとAirPods Maxの特徴が捉えやすい部分を紹介していきます。

Bon Iver「Hey, Ma」

耳とドライバの位置が近く左右チャンネルのクロストーク(混じり合うこと)が原理的にないヘッドホンで聞くと、極めて多い音が半円球状の音場全体を包み込むように感じられます。オーバーイヤー型ヘッドホンならではの没入感をしっかり楽しめます。

Billie Eilish「Bury a Friend」

深みのあるベースの音色は一般的なイヤホンで聴くと、硬質で単調な音に聴こえます。40mmクラスのドライバを搭載するノイズキャンセリングヘッドホンでもやはり再現性は低い。しかし、AirPods Maxで聴くと深く表情豊かな低音であることが感じられます。単調でもなくベース音の高さによって表情が変化します。そしてオンマイクで録音されたドライなヴォーカルの表情は生々しく、多重化されたコーラスが見事に融合して心地よい音として混じり合い、後半にかけて広がりを伴っていきます。

Chris Thile, Yo Yo Ma, Edgar Meyer「Trio Sonata No. 6 in G Major, BWV 530: I. Vivace」

左からマンドリン、チェロ、バイオリンと並んで演奏されますが、それぞれの音像とその周囲に漂う音、ホールトーンなどが調和し、心地よい空間え満たされます。歪みが大きかったり、あるいはデジタル領域での処理でエコーが発生したりすると、これらの情報がマスクされ、心地よく濃密な音楽の海が薄味になるのですが、まるで音楽ホールにいるように包み込んでくれます。

Kacey Musgraves「Slow Burn」

上方に突き抜けていくかのように軽やかなヴォーカルは、付帯音がまったく付け加えられず、クリーンなまま耳に届きます。全く刺激的な要素のないヴォーカルが、そのままの透明感で再現されるため、実に耳心地が良い。胴鳴りもしっかり再現されたアコースティックギターは、弦の一つ一つが分離しています。

Leopard Stokowski RCA Victor Symphony Orchestra「Hungarian Rhapsody No. 2 in C-Sharp Minor」

100人級の大編成オーケストラならではの壮大な音をこのサイズのヘッドホンで再現するのは見事。コントラバスの地を這うような音から、クラリネットのソロまで、広いダイナミックレンジを破綻なく表現し、しかも分離が極めて良いです。

Sergio Mendes 「The Look of love (feat. Fergie)」

スタンダード曲のLook of loveをサンバアレンジでファーギーが歌う曲。とんでもなく低いシンセベースが左から右に突き抜けるアレンジは、マスタリングしたスタジオで聴いた時に度肝を抜かれたが、なかなかその再現ができるシステムはない。本来の低音が左右の定位感を持ってある程度再現できていたのには驚きましたし、心地よく散りばめられたサンバホイッスルの再現性も見事。

これまでのAirPodsとは異なる本格派の音作りに共鳴するなら

AirPods Max

さて、そんなわけで数日間使ってきて、AirPods Proの備えるデジタル製品としての使いやすさ、iPhone Proシリーズに通じる素材や細かなディテール操作感などへのこだわり(Digital Crownを回すと、右のイヤーカップからかすかに”チリチリ”と竜頭の音が聞こえます)など、Appleならではの細かな作り込み要素が散りばめられていることを感じましたが、それだけでは本製品の価格を正当化はできないでしょう。

有線での接続も視野に入れると、オプションでLightning端子への接続ケーブルが必要となりますし、バッテリ交換の必要性なども視野に入れるとAppleCareへの加入も検討したいところ。そうなると7万円超の出費となり、デジタルガジェットに支払う金額としては過度だと考えるのは当然です。

AirPods Max

しかしAppleが狙っているのは、どうやらブランド作りのようです。

音質にこだわったノイズキャンセリングヘッドホンというジャンルは、ありそうでなかった分野です。もちろん、ソニー、ゼンハイザー、AKG、ボーズなども音質にこだわっていないわけではありませんが、ポータビリティとコスト、性能のバランスを取りながら、主に旅行用などを切り口に進化してきました。

ところが、本機は一応、ポータブル用途も見据えてはいますが、ワイヤレスのデジタル製品でありながら、オーディオ製品としての品質により深く切り込み、音楽の再現性を高めることに注力していると感じます。

高級ヘッドホンが高級ヘッドホンとして成立してきたのは、一度購入すれば長年使える(イヤーパッドやケーブルの交換などは必要になりますが)という安心感や安定感があってのこと。音質という価値は変動しません。だからこそ数10万円のヘッドホンが成立しうるわけです。

Appleはそこに直接踏み込むのではなく、そうした嗜好品としてのヘッドホンをデジタル領域から開拓しようとしているのかもしれません。

Apple AirPods Max (Amazon)