Apple AirTag
Apple

アップルは先日のイベントで発表した「探す」アクセサリ AirTag の予約受付を4月23日21時から開始します。発売日は4月30日。

価格はひとつで3800円、4つセットならやや割安の1万2800円。

AirTag (Amazon)

AirTag
Apple

アップルの AirTag は、Bluetooth を使って物を探すトラッカー製品。財布やかばんにとりつけておけば、見失っても iPhone の「探す」アプリに表示したり、音を鳴らして発見を助けます。

特徴は世界10億台のデバイスがセンサーになるアップルの「探す」ネットワークが使えること、近くにあれば広帯域無線チップU1で正確な方向や距離が分かること、厳重なプライバシー保護の仕組みを導入すること。

失せ物トラッカーは各社が販売していますが、Bluetoothは近距離にしか届かないため、置き忘れて移動してしまえばすぐ圏外になります。AirTagの場合、周囲の iPhone など世界10億台にのぼる対応デバイスが動くセンサーとして AirTag を発見して、インターネット経由でユーザーに場所などを伝えてくれることが特徴です。

同様の機能は他社も「クラウドGPS」などの名前で導入してきましたが、同じ製品のユーザーどうし、その会社のアプリを入れているユーザーがたまたま近くを通れば見つかることもある仕組みです。

「たまたま近くを通れば」なのはアップルも変わりませんが、iPhone であればデフォルトで「探す」アプリが入っているため、iPhoneユーザーが近くに居たり通りかかる場所であれば見つかる可能性が高くなります。

U1は超広帯域無線チップ。U1搭載の iPhone 11または12ならば、近くに AirTag がある場合は「正確な場所を探す」機能で、距離や方向が画面に表示され見つけやすくなります。

AirTag
Apple

そのほかの仕様はIP67防水防塵、ユーザーが交換可能なコイン型電池 (CR2032)で約1年駆動、連絡先などを記憶させられる NFC 内蔵 (iPhoneやNFC対応スマホをタップすると見える)。

アップル公式からの購入の場合、追加費用なしで絵文字や文字の刻印ができ、複数のタグを見分けやすくなります。

AirTag Hermes は、エルメスの手作りキーリングやバッグチャームと、特別な刻印の AirTag が組になった製品。性能は変わりませんが、こちらは3万5800円から5万3800円。

「AirTag」純正アクセサリも発表、Hermèsのラゲッジタグは5万3800円! - Engadget 日本版

AirTag実際に使ってみた。セットアップは超簡単、小銭入れにもすっぽり(石野純也)

満を持して登場した「AirTag」の価値。10億台のiPhoneが追跡してくれる安心感と盤石のプライバシー保護(本田雅一)

AirTag (Amazon)

AirTag (Apple)