4月30日に発売となるAppleの「AirTag」ひと足先に実機に触れることができましたので、動画でご紹介します。かなり前からウワサになっていたものなので、ついに出たー! って感じですよね。価格はひとつ3800円(税込)、4つセットだと1万2800円(税込)となってます。

AirTag(Amazon.co.jp)

AirTag

AirTagはBluetooth ローエナジー(LE)の技術を利用した紛失防止タグ。鍵など、よく持ち歩くものにAirTagを取り付け、iOSデバイスの「探す」アプリから検索できるというものです。利用するには近日配信予定のiOS 14.5が必要となります。

AirTag

大きさは直径約31.9ミリ、500円玉よりひと回り大きいくらいですね。厚みは約8ミリありますが、端が丸まっているので、かさばる感じはありません。確かにコートのボタンみたいですね。

AirTag

IP67の防水・防塵かつ、ボタン電池で動いています。バッテリーの寿命は約1年、ユーザーによる交換が可能です。

関連記事: AirTag専用Apple純正アクセサリ発表

AirTag

AirTagにはスピーカーが内蔵されていて、たとえばSiriに「鍵を探して」と言うと、音が鳴って見つけることができます。また、U1チップを搭載するiPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズでは、AR表示を用いてAirTagがある場所へ高い精度で誘導してくれます。ちなみに範囲は5メートルくらい。

AirTag

「探す」ネットワークにより、他のiPhoneやiPad、Macデバイスが通信圏内に入るとその場所を持ち主に通知してくれるクラウドトラッキングが利用でき、利用者の多いApple製品だからこそ、発見率が高いという特徴があります。もちろん、個人情報などが紐づいているわけではないので、プライバシー侵害の心配はありません。

AirTag

AirTagはモノの紛失防止のためのアイテムで、人に付けて使うことはできません。それができないよう、チューニングされています。この件はEngadgetの記事にまた詳しくありますので、ご覧ください。

関連記事:AirTagは『ヒト』を追跡できない。Appleが実現したプライバシー保護の仕組みを解説(石川温)

AirTag

AirTag(Amazon.co.jp)

※AirTagは人・動物には利用できない仕組みになっています。


関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ

満を持して登場した「AirTag」の価値。10億台のiPhoneが追跡してくれる安心感と盤石のプライバシー保護(本田雅一)

AirTag実際に使ってみた。セットアップは超簡単、小銭入れにもすっぽり(石野純也)

爽やかな紫に心奪われる iPhone 12の新色パープル 実機動画