AirTag
Apple

Appleは日本時間4月21日2時から開催したイベントにおいて、以前から噂の絶えなかった落とし物トラッカーAirTagを正式発表しました。4月30日発売で、価格は1つ3800円(税込)、4つセットで1万2800円(税込)。4月23日9時から予約を開始します。

AirTagはBluetoothを利用したトラッカーで、TileやMAMORIOなどと競合する製品。Samsungも同様の機能を持つGalaxy SmartTagを発売しています。

iOSデバイスの「Fine My」から検索が可能で、U1チップを搭載するiPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズでは、Precision Finfingと呼ぶAR表示を用いてその場所への誘導も可能です。タグ自身にスピーカーを搭載しており、「Hey Siri、お財布を探して」と指示すれば、音を鳴らして見つけることもできます。

Find Myネットワークにより、他のiPhoneやiPad、Macデバイスが通信圏内に入るとその場所を持ち主に通知してくれる、いわゆるクラウドトラッキングも利用でき、利用者の多いApple製品だけに発見効率は高くなりそうです。

このほか、IP67の防水防塵を備え、バッテリー寿命は約1年。バッテリーはユーザーによる交換が可能です。また、Appleストアで購入する際に、表面に絵文字も指定できます。

AirTag
Apple

専用のキーケースもアクセサリーとして販売されるほか、エルメスのケースも用意されています。エルメスケースの価格は3万5800円(税込)から。うっかり落としてしまうには高価なので、余計に注意を払った結果、紛失を防げるようになるかもしれません。

AirTag
Apple

関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ。7色カラバリ新iMac、M1搭載iPad Pro、落とし物トラッカーAirTagなど

Source: Apple