ARGlass
Apple

アップルは数年前からメガネ型ARデバイス、通称アップルARメガネ(仮)を開発中と噂されていますが、その開発が「第2段階」に入ったとのサプライチェーン情報が届けられています。

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesによると、アップルはまもなく開発の「第2段階」に入り、数ヶ月後には第3段階に入るとのことです。そうして試作段階が終わると、アップルARメガネは技術検証に6~9ヶ月の時間を掛けるとの予想が述べられています。

ちなみに技術検証=EVT(Engineering Validation Test)はアップル製品が試作段階を脱して量産に至るまでに踏まえる3段階の工程のうち、初期の段階に当たるもの。EVT>DVT(Design Validation Test:設計検証テスト)>PVT(Product Validation Test: 生産検証テスト)の入り口にすぎず、2021年内の量産開始やリリースは考えにくそうです。

またDigiTimesは、アップルがデバイスの重量やバッテリー持続時間の改善に注力しているとも伝えています。これは米Bloombergの名物記者Mark Gurman氏が伝えた「軽量化に取り組んでいる」との観測と一致しています。

そのGurman氏は「アップルARメガネがユーザーの視界にテキスト、メール、地図やゲームなどを表示する」とも説明していました。同氏は何回か観測を伝えていますが「早くとも2023年まで発売される可能性は低い」との見解は一貫しています。

かたやアップルの社内会議ではARヘッドセットの設計や機能の詳細につきプレゼンがあり、2022年にARヘッドセット、2023年にはARメガネ型をリリース予定だと話していたとも伝えられていました。メガネ型の前に、もしかするとヘッドセット型のアップルAR製品が発売されるのかもしれません。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors